第1問
〔1〕式の計算

対称式を基本対称式で表すことに慣れているとすぐ解けただろう。
〔2〕集合と命題
必要条件、十分条件についてしっかり理解できていれば難しくない。落ち着いて取り組もう。
〔3〕2次関数
2次関数の平方完成を使う基本的な問題である。

第2問 
〔1〕三角比

平面図形の基本問題である。正弦定理、余弦定理、三角比を用いた三角形の面積公式を正しく理解していれば容易に解けるであろう。
〔2〕データの分析
昨年度と同様、平均値や分散を実際に求める問題はなく、データの散布図や箱ひげ図、ヒストグラムから読み取れることを選択する問題、および各データに定数を足したり各データを定数倍したりしたデータに関する問題が出題された。前者のような問題は、データを正確に読み取れば解けるようになっている。後者のような問題は、分散や共分散の定義に従って各項を書き出せば分かる。全体的には標準的な難易度である。

第3問 確率
状況はそれほど複雑でないものの、まともに計算すると少し計算が冗長である。落ち着いて場合分けを行おう。A,B,Cがこの順にくじを引くことがポイントである。なお、全事象が6通りしかないことに気付いてしまえばかなり簡単になる。解答のような表を書くことが出来れば、条件付き確率も求めやすく、手早く解くことが出来る。

第4問 整数
整数の基本が分かっていれば迷わずに解きすすめられる易問だといえる。(1)、(2)では4と9の倍数の判定法、(3)では正の約数の個数の求め方がポイントになっており、これらが分かっているかいないかが問われている。数学が得意なら絶対に落とせない問題だ。

第5問 図形の性質・三角比
方べきの定理、メネラウスの定理をしっかりと押さえて運用できるようになっていることが重要と言える。また、三角形の内心の定義をきちんと覚えておくこと。

→数学ⅠA解説PDFはコチラ

ce17_math1A_K_01

ce17_math1A_K_02

ce17_math1A_K_03

ce17_math1A_K_04

ce17_math1A_K_05

ce17_math1A_K_06

ce17_math1A_K_07

ce17_math1A_K_08

ce17_math1A_K_09

ce17_math1A_K_10

ce17_math1A_K_11

ce17_math1A_K_12

ce17_math1A_K_13

ce17_math1A_K_14

ce17_math1A_K_15

ce17_math1A_K_16

ce17_math1A_K_17