A

まず、これまでのミスを記録しておくという方法があります。すると同じような場面に遭遇した際に「ここは気をつけないと」と、より注意深く取り組むようになり、ミスが減ります。また、頭の中で「OK、OK」と確認していく方法もあります。手振りを付けるのもよいでしょう。最後に基本的なことではありますが、字や数字を丁寧に書くことでもミスは減らすことができます。