2019年 受講生の声

現役東大生の
手厚い添削指導で東大合格!

東京大学 理科二類
片山 湧斗さん

東大合格を知った時

いやもう本当に嬉しくて、
寮で一人部屋だったんですけど、もう叫んじゃって、一人で。

もう「あった!」っていうのがやっぱ、一年…無かったのを経験してたので、
その分すごい…喜びは倍増でしたね。

東大合格のポイント

僕は現役のとき数学と理科が弱くて
そのせいで落ちたって自分でもわかってたので、浪人が始まってからは、もう絶対数学と理科は人に負けないぐらい演習すると思ってました。

やっぱり理系で絶対に負けないっていう気持ちで人一倍演習を積んだんで、そのおかげで二次試験も全然、数学理科もなんの緊張もなく、というか自分の実力以上に出せたと思うんで、
それが本当に良かったと思います。

オンライン個別指導の感想

すごいサポートがありがたかったです。
やっぱ西川さん(担当家庭教師)も浪人されてたので、すごいこう、自分の悩みとかもちゃんとわかってくれてて、
すごいアドバイスが的確でした。

浪人…どう過ごせばいいかわからないこともたくさんあったので、
それを聞けて本当に助かりました。

現役東大生の添削指導

添削…すごい書いててくれてて、
読むのもちょっと…読んで考えるのもすごい難しいぐらいで、
もう手厚くて
自分がわかんない問題に対してすごい書いてくれてるんで、
ああそういうアプローチができればいいのか
って思って

毎回「ああ、すごいな」って思ってました。

理系数学の指導で東大合格に繋がったところ

数学に関しては最初から…まずもう自分があんまり手が出なかったんです、最初から。

でも指導とか受けてく中で、最初こういう問題に関してはこういうアプローチがいいんじゃないかとか、
逆に自分が苦手な分野…体積とかが、苦手な分野があって、そこはもう部分点を稼ぐっていうので教わって

で、絶対に取るべきとこを取れるようになったかなって思います。

塾よりも現役東大生の指導が優れている点

やっぱり添削指導が厚かったことですかね、
塾とか予備校だと一人の講師に対してたくさん生徒がいるんで、
あんまり聞きたいとこ聞けなかったりするんですけど。

その授業のときにはしつこいぐらい聞けたし、
添削もやっぱり本当に、あの分量書いてくれる講師は予備校にはいないので、そこはやっぱ生徒数に対してとか…やっぱあるのかなって思います。

東大合格を目指す受験生へメッセージ

フォーサイトは添削ももちろんそうですし
授業内容もすごい充実してるので、
数は少ないといってもその分、質がすごい高いと僕は思います。


だから家庭教師とか添削指導を信じるだけで、
信じて自分の勉強にあわせるだけで、
本当に力がつくと思います。

ただ、やっぱり自分の後悔として復習課題をしなかったっていうのがありました。
復習課題をしたほうが自信というかそれにも絶対繋がると思うので、
そこは僕の分までしてほしいと思います。

担当家庭教師との対談

難関大学への合格へどう至ったのか…担当した家庭教師との対談動画はこちら!