「大学受験に向け、いざ勉強計画を!」といっても、おそらく何をどう始めれば良いか分からない受験生がほとんどではないでしょうか?
大学受験においては、普段の定期テスト対策とは異なり、幅広い試験範囲と大学別の出題傾向に対応しなければなりません。
特別な取り組みが必要になることは明らかですね。

 

具体的に、大学受験に向けた勉強計画を立てる上では、どのようなポイントをおさえる必要があるのでしょうか?
ここでは、現役合格者の共通項とも言える「大学受験勉強計画3つの鉄則」をご紹介することにしましょう。

3つ

鉄則その1「志望校決定は早めに」

勉強計画の検討に先立ち、まずやるべきことは「志望校決定」です。
そもそも大学で何を学びたいのか、そのためにはどこの大学、どの学部・学科に進学するのが良いのかをじっくり考えます。

早期に志望校や志望学科を決めることのメリットは2点あり、ひとつは「モチベーションが上がること」、そしてもう一つは「受験科目を早い段階で絞り込めること」です。

大学受験に向けた勉強計画を考え、実践していく上で、これらの点はいずれも欠かすことのできないポイントであると言えます。

鉄則その2「高3夏までは“基礎力定着と苦手克服”に集中すべし」

現役生の大学受験勉強計画を大まかに解説すると、「夏までにボトムアップ」「秋以降は本格的な入試対策」の2段階に分けることができます。

志望校・志望学部が決まったら、受験科目について「基礎事項の理解」「苦手箇所の発見・対策」に取り組みましょう。
具体的には、各科目、各単元について「教科書に出てくる問題が理解できる」「基本的な難易度の問題集が解ける」レベルを目標にします。
この段階でつまづく分野があれば、そこがアナタの苦手箇所です。
「どうせこの分野は第一志望の入試問題には出ないし・・・」と思っていても、センター試験や他の受験校の入試では狙われるポイントかもしれません。

また、今後応用的な知識を習得していくことを考えれば、土台となる基礎に穴をあけたままにするのは得策ではありません。
受験科目の基本的な事項についてはまんべんなく理解し、どの単元の問題にも対応できる様にしておくことが肝心です。

加えて、英単語や古語等、時間を要する暗記モノには、早い段階からコツコツ取り組んでおくのがオススメです。

サクセス

鉄則その3「秋~直前期は“応用力・実戦力の強化”に注力」

高校3年生の秋以降は、いよいよ実際の入試レベルの出題に対応できるよう、実戦的な問題演習に取り組んでいきます。
夏までの間に培った基礎力を土台に、センター試験や受験校の過去問を用いた傾向対策や、模試を活用した習熟度の確認を進めましょう。
 
この段階においての注意点は、「問題を解きっぱなしにしないこと」です。
 
例えば、模試を受験しただけで満足してしまう受験生はたくさんいますが、これでは模試受験の本当の目的を達成できていません。
模試は、その年の入試で狙われるポイントの予想問題です。
分からなかった部分や知識があやふやな部分についてはしっかり復習し、今後類似の出題があったときには自信を持って解答できる様にしておくことが重要です。
問題演習はこなした数だけで満足せず、必ず、その後のフォローまで取り組みましょう。