大学受験突破を狙うには、受験勉強を乗り切るだけの「集中力」が求められます。
「食事」はこの集中力を養う上では欠かすことのできない要素であり、実際、勉強のできる人であればかなりの高確率で食べ物に気を遣っているものです。

 

「食べ物なんて、お腹が満たされれば何でも同じじゃないの?」
このような考えから、食事の重要性を軽視している方は要注意!

 

受験勉強していてもなかなか集中力が続かない・・・その原因はもしかしたら「食事」にあるかもしれません。

これから大学受験に向け受験勉強に取り組む皆さんに、集中力UPに有効な最強食事メニューをご紹介します。
火を使わず、短時間で簡単に完成してしまうので、お料理が苦手な人でも気軽に挑戦してみてください!

集中力UPレシピ 「マグロ納豆のアボカド丼」

■ 材料

材料

<集中力UP食材>

 ・まぐろぶつ切り 50g
 ・納豆 1パック
 ・アボカド 1/2個
 ・玄米 適量

 

<調味料>

 ・醤油 大さじ1(●)
 ・料理酒 大さじ1(●)
 ・みりん 大さじ1(●)
 ・わさび 小さじ1/2(●)
 ・ごま 適量
 ・きざみ海苔 適量

 

■ 作り方

1.

まぐろのぶつ切りを食べやすい大きさに切り、(●)の各調味料を混ぜ合わせたものにつけ込む
①

2.

アボカドは種を取り、食べやすい大きさにさいの目切りにする

3.

納豆とアボカドをよく混ぜ合わせる(タレやからしはお好みで)
③

4.

玄米を丼ぶりに軽く盛り、3.を盛り付ける

5.

4.に1.の漬けまぐろをのせ、きざみ海苔とごまを適量かけて出来上がり♪
⑤

■ 集中力UPのポイント解説

○ 玄米

脳のエネルギー源として知られる「糖」を「ブドウ糖(エネルギー)」に変換させるために欠かせない「ビタミンB1」が豊富に含まれています。
 

○ まぐろ

脳の記憶力に作用する「DHA(ドコサヘキサエン酸)」を効率良く摂取するためには、煮たり焼いたりせず、そのままいただくのが一番です。
※ただし、生食用には新鮮なものを選びましょう
 

○ 納豆

脳の活性化に役立つ「レチシン」、脳の正常な機能に欠かせない「ビタミンB1」、神経伝達物質を活発化させ学習能力を高める「タンパク質」がたっぷり含まれる、スーパーフードとして有名です。
 

○ アボカド

脂質多めのアボカドですが、その主成分は「不飽和脂肪酸」
血液の循環をスムーズにし、神経結合を強化、脳の働きを活性化させてくれます。

 
 

いかがでしょうか?

上にご紹介した食材は、いずれも集中力UPに効果的な食べ物として有名なものばかり。
意識的に摂取すれば、集中力でライバルに差をつけることができるはず

脳に効く食材がオールインワンの「マグロ納豆のアボカド丼」は、まさに受験生のための最強レシピです!