2017年度の物理は、昨年と比べて難易度はほぼ変わらず、問題数も変化していない。しかし、新課程になってから選択問題に含まれていた熱の分野が今年は第3問で出題され、代わりに音の分野が選択問題の第5問で出題されている。出題範囲自体は物理全体に及び、教科書全体の内容を理解することが相変わらず必要になっている。
ce17_physics-A

→物理の解説はコチラ