第1問
〔1〕複素数と方程式、三角関数

はじめは見た目に圧倒された受験生もいたかもしれないが、実際には基本的な知識、計算で対応できる問題である。数列やベクトル、微積分に時間を使うためにもここは時間をかけずに解きたい。あえて注意すべきポイントをあげるならば、cos⁡〖α cos⁡β 〗<0を見落とさないようにすることである。 〔2〕図形と方程式、指数・対数関数
対数関数の扱いになれているかがカギとなる問題で、難易度は低いといえる。最後のlog_2⁡〖2√6〗を計算するところは若干計算が煩雑だが、間違えないようにしたい。この問題は、値を不等式で評価しようとするより近似値を求めるほうが楽である。

第2問 微分/積分
(1)は定点を通る接線を求める問題。aの値によって接線の本数が変わることに注意したい。(2)は三角形の面積の最大値を求める問題で、状況把握能力が問われた。(3)は曲線と直線で囲まれた面積の問題だが、問いのような形式は珍しい。

第3問 図形と方程式
点と直線に関する標準的な問題である。(4)からがやや難しいが点と直線の公式などがしっかり身についていれば問題ないだろう。(6)はどの角が直角であるかを整理しないで4つと書いた受験生も多いのではないか。

第4問 因数定理と高次方程式
因数定理の理解が十分で、問題の指示通りに素直に解いていけば難しくない。

→数学Ⅱ解説PDFはコチラ

ce17_math2_K_01

ce17_math2_K_02

ce17_math2_K_03

ce17_math2_K_04

ce17_math2_K_05

ce17_math2_K_06

ce17_math2_K_07

ce17_math2_K_08

ce17_math2_K_09

ce17_math2_K_10

ce17_math2_K_11

ce17_math2_K_12