第1問 発音・スペリング
Aは基本的な単語ばかりだ。簡単だったろう。Bの問1のsevereや問3のcorrespondは少し難しいが、消去法でわかっただろう。

第2問 語彙・文法・語法・会話
これといって難しい問題はなかった。基本的な文法、語法の知識があり、落ち着いて考えれば、解けただろう。

第3問 会話文補充・不要文除去・討論の要約
例年通りの問題パターンだった。A、B、Cとも解きやすい問題がならんだが、Bの問3やCの問3は少し迷ったかもしれない。どんな問題に対しても、細部にとらわれすぎずに文脈を追えることが重要だった。

第4問 統計資料と大会説明の読解
Aの文章自体は標準的だが、設問の選択肢で少し迷うところがあったかもしれない。
Bの問題は、ウェブサイトの文字数がやや多めだが、答えとなる場所を探すのはそこまで難しくはないだろう。間違えるとしたら問1だが、消去法で答えにたどりつける問題であった。

第5問 カジュアルな文章の読解
自分が猫になっているという衝撃的な展開であったが、本文を読み進めれば内容を理解することは難しくなかっただろう。Iが猫としての自分を表し、Iが観察されている人間のユージであることには注意してほしい。紛らわしい選択肢もなく本文が読めれば比較的簡単に解答できる問題ばかりであった。問1は単語力が必要なので普段の学習が物を言っただろう。

第6問 説明的な文章の読解
2017年度の第6問は,いずれの問題も難しくなかっただろう。最初に問題に目を通してから本文を読み進めた方が解きやすい。問題文に「第○段落によると」とついているものに関しては、指定された段落のみ注目すればよい。また、問5のAのような文章のタイトルを聞いてくるような問題は比較的難しいので、第5問のBを先に解いて、頭を整理してから考えるのもよいだろう。

→英語(筆記)解説PDFはコチラ

①appear  /əpíɚ /  「姿を見せる、出現する」  ②fear /fíɚ /  「恐れ、恐怖」 ③gear  /gíɚ /  「ギヤ」 ④swear /swéɚ / 「誓う、宣誓する」 解説 ④がéɚの発音でそれ以外はíɚの発音。  問2  2  正解は③ 解答選択肢 ①attach /ətˈætʃ/ 「取りつける」 ②channel /tʃˈænl/ 「水路」 ③chorus /kˈɔːrəs/  「合唱、合唱曲」 ④merchant /mˈɚːtʃənt/ 「商人」 解説 ③がkの発音でそれ以外はtʃの発音。  問3  3  正解は④ 解答選択肢 ①assert /əsˈɚːt/ 「断言する」 ②association /əs`əʊsiéɪʃən/ 「連合」 ③impress /ɪmprés/  「印象を与える」 ④possess /pəzés/ 「所有する」

①ma・rine /məríːn/ 「海の」 ②rap・id /rˈæpɪd/ 「速い」 ③se・vere /səvíɚ/ 「厳しい」 ④u・nique /juːníːk/ 「唯一の、特有の」 解説 ②のみ第一音節にアクセントがあり、残りは第二音節にアクセントがある。  問2  5  正解は① 解答選択肢 ①e・nor・mous /ɪnˈɔɚməs/ 「巨大な」 ②ev・i・dence /évədns/ 「証拠」 ③sat・el・lite /sˈæṭəlὰɪt/ 「衛星」 ④typ・i・cal /típɪkl/ 「典型的な」 解説 ①のみ第二音節にアクセントがあり、残りは第一音節にアクセントがある。  問3  6  正解は② 解答選択肢 ①as・sem・bly /əsémbli/ 「集会」 ②cor・re・spond /k`ɔːrəspάnd/ 「一致する」 ③dis・tin・guish /dɪstíŋ(g)wɪʃ/ 「識別する」 ④ex・pen・sive /ekspénsɪv/ 「高価な」  解説 ②のみ第三音節にアクセントがあり、残りは第二音節にアクセントがある。

①def・i・nite・ly /déf(ə)nətli/ 「明確に」 ②dem・o・crat・ic /dèməkrˈæṭɪk/ 「民主主義の」 ③in・de・pen・dence /ìndɪpéndəns 「独立、自立」 ④res・o・lu・tion /rèzəlúːʃən/ 「決意」 解説 ①のみ第一音節にアクセントがあり、残りは第三音節にアクセントがある。解答選択肢 ①at ②in ③on ④with 解説 温度を後に置く前置詞はatである。  問2   9  正解は② 解答選択肢 ①a young ②the young ③young ④younger 解説 ここでは空欄に「若者」を入れると判断できる。②the+形容詞で「~な人」という意味になる。 問3   10  正解は④

①come  ②developed ③led ④turned 解説 選択肢の中で第二文型の用法をもつ動詞はcomeとturnのみ。一般的に補語に色がくるときはturnを使う。  問4   11  正解は① 解答選択肢 ①far ②high ③too ④very 解説 選択肢の中で比較級の強調ができるのは①farのみ。  問5   12  正解は② 解答選択肢 ①Choosing ②Having been chosen ③Having chosen ④To choose 解説 分詞構文の問題である。「映画で主役に選ばれたから」と言いたい。主語は選ばれているのだから、受動態になっている②が正解。①は能動態になっていて、③は一見受動態に見えるが、chosenは完了形になっているだけであり、実際には能動態である。④を入れても意味をなさない。  問6   13  正解は③ 解答選択肢 ①as if ②even if ③whatever ④whenever

文脈からyou getがinformationにかかっていることが分かり、③を入れたときのみこのような形になる。他の選択肢を入れると、文法的に整合性が取れない。  問7   14  正解は④ 解答選択肢 ①it ②that ③what ④which 解説 関係代名詞の非限定用法である。①、②でも意味が通じるように感じるが、前の文と繋がるためには、接続詞が必要だ。そのため、接続詞の意味を含む関係代名詞である④のwhichを入れるのが妥当である。③を入れると、コンマ以降で一つの名詞節になるが、コンマの前が完全文のため、繋がらない。  問8   15  正解は① 解答選択肢 ①A:got  B:caught ②A:got  B:to catch ③A:made  B:caught ④A:made  B:to catch 解説 ②を入れてしまうと、「傘に掴ませた」となるので不適。③を入れてしまうと、「彼は(意図的に)傘がドアに挟まれるようにした」となり、文脈にそぐわないので不適。④は文法的に誤りなので不適。①を入れると「傘をドアに挟まれた」という被害のニュアンスがある。  問9   16  正解は③ 解答選択肢 ①A:Anybody  B:as ②A:Anybody  B:than ③A:Nobody  B:as ④A:Nobody  B:than 解説 まず、「as kind」とある時点で、比較級で使うthanは使えないとわかる。また、文の後半からAbbieは親切だとわかる。①を入れると、「誰でもAbbieと同じくらい親切だ」となってしまう。よって、③が正解。

①A:asked  B:had ②A:asked  B:have ③A:said to  B:had ④A:said to  B:have 解説 文脈からwhether以降は「~かどうか」という名詞節で、「~だろうとそうでなかろうと」という副詞節ではない。そのため、文脈的に、Aにはaskedが入る。enjoyはaskより以前の行為なので、大過去が使われる。よってBにはhadが入る。よって①が正解。  B 問1   18   19  正解は②-⑥ 解答選択肢 ①difficult  ②find  ③I  ④it  ⑤keep  ⑥to 解説 選択肢にitとtoがあることから、itは仮主語あるいは仮目的語であると推測できる。また、(meではないので)Iは主格になるとわかる。よってこの文の主語はI、目的語は、itとなる。文章全体の動詞はkeepかfindだが、どちらも第五文型をとり、補語にはdifficultが入るとわかる。よって、答えは「I keep it difficult to find it neat and clean」となるか、「I find it difficult to keep it neat and clean」となる。前者は意味がおかしくなるので、後者が正解である。  問2   20   21  正解は⑤-① 解答選択肢 ①a few  ②cost  ③hours  ④it  ⑤may  ⑥you 解説 選択肢をみると、mayが助動詞になることが分かり、動詞になりうるのはcostのみであるので、「may cost」とつながる。また、a fewが修飾できるのはhoursのみなので、「a few hours」とつながる。ここで、選択肢にcostとhoursがあることから、「主語+cost+人+時間」という用法だと推測できる。よって、正解は、「it may cost you a few hours」となる。Itはエッセイを書き直すことを指している。  問3   22   23  正解⑥-② 解答選択肢 ①are  ②earlier  ③how come  ④leaving  ⑤than  ⑥you

how comeがあることから理由を聞く疑問文と分かり、そしてhow comeによる疑問文は平叙文の語順となるから、主語になりうるのはyouのみ、動詞はare leavingのみであるので、正解は「how come you are leaving earlier than」となる。  C 問1   24   正解は⑤ 解答選択肢 ①(A)→(A)→(A) ②(A)→(A)→(B) ③(A)→(B)→(A) ④(A)→(B)→(B) ⑤(B)→(A)→(A) ⑥(B)→(A)→(B) ⑦(B)→(B)→(A) ⑧(B)→(B)→(B) 解説 第三グループのAは「五時までに」、Bは「五時までずっと」という意味である。第二グループの選択肢はいずれも提出するという意味になることから、「提出する」は一度きりの動作なので、第三グループはAになる。またrealizeの後には動名詞もto不定詞も置けないので、第一グループはBになる。そしてここでは、「提出する」というのは未来の行為なので、第二グループはAになる。したがって答えは⑤となる.  問2    25  正解は② 解答選択肢 ①(A)→(A)→(A) ②(A)→(A)→(B) ③(A)→(B)→(A) ④(A)→(B)→(B) ⑤(B)→(A)→(A) ⑥(B)→(A)→(B) ⑦(B)→(B)→(A) ⑧(B)→(B)→(B) 解説 第二グループのAは仮定法過去、Bは仮定法過去完了であり、いずれにしてもこの文は仮定法を使ってい

ると分かる。よって、第一グループはAでなればいけない。第一グループは一見Bでも行けそうだが、Bを使うときは話し手が、相手が知っているかどうかわからない時に使い、今回は、アデルはテイラーがルールを知らないということが分かっているため、Aでなければならない。また、これによって仮定法現在であることが決まり、第二グループはAになる。ここでのitはcricketなので、第三グループはBになる。よって正解は②である。  問3    26  正解は⑦ 解答選択肢 ①(A)→(A)→(A) ②(A)→(A)→(B) ③(A)→(B)→(A) ④(A)→(B)→(B) ⑤(B)→(A)→(A) ⑥(B)→(A)→(B) ⑦(B)→(B)→(A) ⑧(B)→(B)→(B) 解説 空欄にはwonderの目的語になる名詞節が入る。そして、第一グループをみると、howという疑問詞が文頭に来ているので、その後は平叙文の語順になる。よって第一グループはBである。第二グループのitは文脈から噂を指しているとわかる。噂を説得するのはおかしいので、第二グループはBである。「prevent+目的語+from+-ing」で「目的語が-するのを防ぐ」という意味なので、第三グループはAである。よって答えは⑦である。

③(それでしたら)今日お会いする約束をしましょうか? ④親切にも私が見る原稿をくれるのですか? 解説  先生の1回目の発言で「残念だが今日は時間がない。いくつか先約があるんだ。」と言って、今日生徒の原稿をチェックすることを断っている。よって、生徒が原稿チェックをしてもらえるのは今日以外。よって正解は②.先約をさぼるとは一言も言っていないので①は×。原稿をもっているのは生徒なので④も×。  問2  28  正解は③ 解答選択肢訳 ① 僕は外出する気にならないなあ。 ② それなら行きやすいね。 ③ それはあまりに高すぎるよ。 ④ チャンスは逃せないね。 解説  ケンが運賃のことをだいたい6000円だと言っている。イーサンはそもそもメモリアルパークに出かけることに乗り気ではない上、この運賃は決して安いとは言えない。よって正解は③.①はひっかかりやすいが、この選択肢は「出かけるのはいやだ」と言っているが、これは最後の台詞のLet’s find somewhere else to go.(他に行くところを探そうよ。)と矛盾する。また、②や④だとメモリアルパークに行くことに乗り気になっているので、これも×。  B 問1  29  正解は③ 解説  2文目のsome important points to think aboutに注目しよう。ここでは「正しい靴を選ぶために大事なポイントをいくつか紹介するよ」と言っている。どんなポイントがでてくるのか確認しながら読もう。  まず、①の文ではinsole、②ではthe upper part of the shoe、④では試着するときに長さだけでなく深さや幅までチェックしようと言っている。これらはすべて1文目のproblems with your feet(足に関する問題)を起こさないために役立つポイントだ。しかし、③は「ブランドの名前が入った革の靴はデザインがよくて人気がある」と言っているだけであって、足のトラブルを防いでくれるポイントではない。よって③を取り除けば筋の通った文章になる。

 1文目と2文目に注目しよう。「日本には物資を輸送するのにはいくつかの方法がある。どの方法も利点と欠点がある。」と書いてある。いくつかの輸送法の利点と欠点を整理しながら読もう。  ①飛行機  利点:速い 欠点:輸送費が高い  ②バス   利点:多くの乗客が運べる・日常生活に便利   欠点:記述なし  ③船    利点:大量に安く運べる   欠点:時間がかかる ( 列車   利点:到着時間が明確        欠点:駅にしか運べない)  ④トラック 利点:ドアtoドアで運べる        欠点:列車ほど多くは運べない  ここでは、「物資輸送」に関しての文章のはずだから、人を乗せることしか言っていない②のバスは文脈に反する。欠点を記述していないポイントも、これをはじく理由になる。  問3  31  正解は③ 解説 最初の文で「一度学んだことを忘れてしまったら、それを最初に学んだ場所へ戻ってみなさい。」とある。これに関する実験がFor instance(例えば)以降で書かれている。実験の内容は以下だ。  1.2グループのダイバーが海にもぐる。  2.海の中で単語のリストを耳で聞く。陸に上がってから、覚えている限りの単語を書き記す。(①)  3.翌日、一つのグループは陸に座り、もう一方は海に潜る。(②)  4.研究者が慎重に単語を選び、もぐる地点はダイバーが選んだ。(③)  5.両グループとも前の日に覚えた単語を思い出して書くように言われる。(④)  6.結局、海にもどったグループの方がよく思い出せた。 この中で、実験の説明として無くても成り立つのは「4.研究者が慎重に単語を選び、もぐる地点はダイバーが選んだ。(③)」だけである。よってこれが正解。  C 問1  32  正解は③ 解答選択肢訳 ①私たちの町の多くの住民は、別の町に働きに行くことを好む ②新しいビジネスはその売り上げを上げるためにもっと何かをするべきだ ③ここの新しい職場により、私たちの町の人々は恩恵を受けるだろう ④隣町で働くことで、人々の生活がよりよくなるかもしれない

町をよりよくするための討論である。この問題は直前のトムの発言を要約したものを選べばよい。  トムは町に工場を作るメリットを3点挙げている。  1.地元の店やレストランが繁盛する。  2.隣町の住民がこの町で職を得られる。  3.家に近いところで勤務するようになれば、、家族との時間が多く取れ、家庭がよりよくなる。 これに合致するのは③である。  問2  33  正解は④ 解答選択肢訳 ①高速道路を修理するための資金を私たちの町にもたらす ②繁華街と北東エリアを発展させる ③多くの議論を呼び起こす ④私たちの町の経済と利便性を促進する 解説  リックはキャロルの「ショッピングモールを建てればよい」という意見に賛成している。議長のアリスはyou both feel that a mall would help~と言っているから、二人の発言を要約したものを選ぶ。  キャロルは、ショッピングモールができれば北東部の住宅地の住民がよろこび、また、ショッピングモールに店を移せば売り上げがあがると述べている。リックはさらに、高速道路を経由してほかの町からも人を呼ぶことができると言う。以上より答えは④.  問3  34  正解は② 解答選択肢訳 ①大きなショッピングモールを建設する ②住民の家庭生活を考慮する ③従業員の数を増やす ④自然環境を考える 解説  この議論で発言した者はみんな、この町の住民が豊かに暮らせることを考えている。特に家庭に関していろいろと考えているので、正解は②.④は一見正しそうだが、全員が考えたわけではないので間違い。

問1  35  正解は③ 問題文訳・解答選択肢訳 本文によれば、「マルチコート」と「固い地表」の違いは何であるか? ①「マルチコート」とは異なって、「固い地表」はより幼い学生が遊ぶための人工芝が含まれている。 ②「マルチコート」とは異なって、「固い地表」は学生の遊びのために引かれた境界線が含まれていない。 ③「固い地表」とは異なって、「マルチコート」はさまざまな原料で作られた比較的やわらかい地表をもつ。 ④「固い地表」とは異なって、「マルチコート」は何にも囲まれておらず、入りやすいようになっている。 解説 本文第2段落において校庭の性質によって分類が行われており、それぞれについて説明が行われている。Multi-courtタイプの校庭についての説明は第2段落第4文に、Solid Surfaceタイプの校庭についての説明は同じ段落の最後の2つの文に書かれている。これらを見ながら選択肢を吟味していこう。 ①について、人工芝が含まれているのは「固い地表」ではなく「マルチコート」であるので誤りである。 ②について、この段落の最終文を見ると、「固い地表」の校庭はoften having numerous markings painted for games「しばしば遊びのために描かれた数多くの印を持つ」と書かれていることから、②の記述は誤りである。 ④について、この段落の第4文を見ると、「マルチコート」の校庭はfenced areas「フェンスで囲まれた場所」とあるので、何にも囲まれていないわけではなく、④は誤りとなる。 正解は③となる。第4文では「マルチコート」についてvarious surfaces, like artificial grass and rubber「人工芝やゴムのようなさまざまな地表」と書かれており、第7文では、「固い地表」の方はhardest surfaces, like concrete「コンクリートのような最も固い地表」とあることから、確かに「マルチコート」の方がさまざまな原料の地表があり、そして「固い地表」に比べてやわらかい地表になっていることが分かる。  問2  36  正解は① 問題文訳 図1において、(A)、(B)、(C)、および(D)にあてはまるのは以下のうちどれか?

図1についての説明が書かれているとことは本文第3段落の第2文以降である。第3文の訳としては『「固い地表」は明らかに全学生が一番時間を費やした場所であり、その後に「マルチコート」、「草地」の順で続く』である。よって、まずここから(A)には3番目に時間が長いGrassが、(B)には2番目に時間が長いMulti-courtが入る。この時点で①と②に絞られる。 その直後の第3段落最終文においてthe average for All students in Playground being just over two minutes『「遊び場」における全学生の平均がちょうど2分強』と書かれており、この記述にあてはまる選択肢(D)にPlaygroundが入る。 以上より、正解は①となる。  問3  37  正解は④ 問題文訳・解答選択肢訳 この本文の趣旨は 37 。 ①子供のころに学校で体をよく動かすことの利益を議論することである。 ②体をよく動かす若者の数を増やすための助言を与えることである。 ③学生が草地で遊ぶよう奨励する学校を紹介することである。 ④校庭の種類が、校庭にいる学生の行動に影響を与えることを示すことである。 解説 順番に選択肢を一つずつ吟味していこう。 ①について、確かに本文第1段落第1文において、子供のころに体をよく動かすと、成長したときの健康にいいと書かれているが、子供のころに体をよく動かすことの利益についての記述はこれのみで、これ以降体をよく動かすことの利益については書かれていない。よってこれが本文の趣旨であるとは言い難い。したがって①は誤りである。自信がない人は一回置いておいて、後で残った選択肢と比較しよう。 ②と③についてはいずれも、このような記述が本文中には見られないので誤りである。 ④が正解となる。第2段落において校庭の分類とその説明が行われており、第3段落では図1を中心に各校庭の種類における学生の費やした時間の長さに関する考察が、第5段落では校庭の種類による学生の体の動かし具合の違いに関する考察が行われている。これらの記述から、この文章では校庭の種類と、校庭で遊ぶ学生の状態の関係が中心的話題となっていることが分かる。それがそのまま④の内容となっている。  問4  38  正解は② 問題文訳・解答選択肢訳 最後の段落に続く話題として最も可能性のあるものはどれか? ①異なる活動に対応したさまざまな学校環境について調べることの利点 ②遊びの種類と動いている時間の長さの間の関係 ③校庭の環境が若者の身体活動に与える影響 ④校庭の地表の身体活動に費やす時間への影響の与え方

本文の最終段落最終文において「これらの関係について見てみよう」と書かれていることから、この後に続く話題としては最終段落に書かれている内容と関連があると考えてよい。最終段落で主に言われていることはまず第1文で言われている「校庭のさまざまな環境や特徴の可能性を調べることが重要だ」ということと、第2文の「子供や若者がする多様な遊びが、身体活動に費やす時間の長さに与える影響を調べることは有益だ」ということである。この記述に合致するのは②となり、これが正解となる。 ①の内容については、迷うかもしれないが、本文ではschoolyardの話に限定されており、school environmentsというと学校全体の話になってしまうので、この後に続く話題としては唐突である。 ③と④については、関連する話題が本文中に出て来るが(③は第5段落と、④は第3や第4段落と)、最終段落とのつながりが悪いので不適切である。  B 問1  39  正解は④ 問題文訳・解答選択肢訳 IAYP短編動画コンテストの目的は 39 を提供することである。 ①同年代の新しい友達と出会う場所 ②短編動画を作るためにオーストラリアに行くための飛行機チケット ③パソコンでの短編動画の作り方の説明 ④若者が自分の作品を他の人々に見せる機会 解説 ウェブサイトの一番上の文章の第2文において「これは大勢の観衆とあなたの創作を共有する素晴らしい方法です」と言っているので、正解は④である。 ①について、25歳以下の大会であるため確かに同年代の人が多く集まりそうなコンテストとなっているが、新しい友達を作ることに関しての記述がどこにもないので誤りである。 ②について、オーストラリアへの飛行機のチケットは総合優勝者に与えられる賞品であり、またそれは総合優勝者が来年オーストラリアで開かれるIAYP会議へ参加するためのものであって、動画を作るために行くわけではないので誤りである。 ③について、このような記述はウェブサイト上に見られないので誤りである。  問2  40  正解は② 問題文訳 ある高校野球チームのメンバーが、海外の姉妹校から来た選手との絆についての4分間の短編動画を提出する予定である。どのカテゴリーに短編動画を送るべきであるか?

動画が4分である時点でカテゴリーAの可能性は消滅する。カテゴリーCのテーマである社会問題もカテゴリーDのテーマであるミステリーも、問題文で言われている動画の内容と適合しない。よって正解は②のカテゴリーBである。カテゴリーBのテーマである友情は、確かに「海外の姉妹校から来た選手との絆」と関係がある。  問3  41  正解は④ 問題文訳・解答選択肢訳 このコンテストの提出条件を満たしているのは以下のいずれか? ①若い日本探偵を描いた9分間のミステリードラマ ②ラグビーの試合に向けて練習をする学生を映した6分間の短編動画 ③地元の映画祭で3位をとった3分間の短編動画 ④このウェブサイトに2017年10月30日にアップロードされた3分間の短編動画 解説 順番にそれぞれの選択肢を吟味していこう。 ①について、9分間の動画はどのカテゴリーの条件も満たさない(最長でカテゴリーDの7分間)ので誤りである。 ②について、この内容に合いそうなテーマのカテゴリーはカテゴリーAかカテゴリーBだが、6分間の動画いずれのカテゴリーの時間の条件を満たさないので誤りである。 ③について、ウェブサイトの一番下のコンテストのルールのところで、3つ目の項目において動画が「オリジナル」で「初めてコンテストに提出される」ものでなければならないと書かれている(ここではa competitionと不定冠詞が使われているので、このIAYP短編動画のみならず、他の大会に提出された動画でもダメだということを注意しておきたい)。よって、地元の大会で3位入賞した動画は当然提出できず、誤りである。 残る④が正解となる。動画の提出期限は2017年10月31日の夜11時59分であり、10月30日は締め切りに間に合っている。また3分間の動画はどのカテゴリーの動画時間の条件も満たしている。

問1  42  正解は① 問題文訳・解答選択肢訳 ユージが自分が猫になっていることに気付いたとき、彼はまず 42 。 ①驚いた ②恥ずかしくなった ③興奮した ④満足した 解説 第二段落の最後に“Meow”とあり、ここで初めてユージが猫になっていることが読者に示される。ユージが猫になっていることに気付くのは第三段落二行目から始まる、”I seemed to have changed into a different creature.”であり。その直後に”I was so surprised that I couldn’t move.”とあることから正解は①である。 ②、③、④にあたる感情は本文中には書かれていない。  問2  43  正解は② 問題文訳・解答選択肢訳 ユージの母が彼に話しかけたとき、彼が不快になったのは 43 からだ。 ①彼が彼女を喜ばせたかった ②彼女の言葉が彼の集中を乱した ③彼の口は食べ物で一杯だった ④彼女が彼の勉強を邪魔した 解説 ユージの母が発言するのは第七段落の、”Yuji, you never studied ~ a little bit worried.”の部分である。母はユージの勉強を心配しているが、それに対して彼は”Mmm,”とごまかし、”A sign of frustration briefly appeared on my face”とあるように不快感をあらわにする。なぜ彼がこのような反応を示したかは第五、六段落を確認すればわかる。ユージは”The human I was absorbed in smartphone”、”I was so focused on the text messages or games that I took little interest in what was happening around me.”とあるようにスマートフォンで友人と連絡を取ったり、ゲームをするのに熱中しており、周囲に興味を示していない。そこで母親に話しかけられれば集中が乱され、不快に思うのは自然だろう。よって答えは②。 ④もinterruptという単語が使われているがスマホへの熱中を邪魔したのであって彼の勉強を邪魔したわけではないから誤りである。①、③は本文に書かれていないので誤り。

問3  44  正解は④ 問題文訳・解答選択肢訳 猫が「あいつは嫌な奴だ」と思ったのは、ユージが  44  からだ。 ①朝食に食べたものの味を思い出せなかった ②期末試験に向けて勉強しようと努力しているのを隠そうとした ③母が彼の将来を心配したのをからかった ④彼の周囲の人間や物に尊敬の念を示さなかった 解説 前問の母との会話を見て、猫はユージを嫌な奴だと思った。第九段落の”For the first time, I realized how I really looked to other people.”にあるように、猫の視点から見て初めてユージは自分が他人からどう見えているかわかった。それはスマートフォンに熱中して母への応答をおろそかにするような姿である。よって答えは④。 ①、②、③は周囲に関心を示さないユージの姿を表現していないので誤り。  問4  45  正解は① 問題文訳・解答選択肢訳 物語の最後でユージがスマートフォンを手に取らなかったのは、彼が 45 からだ。 ①自らの態度を改める時だと決心した ②まだ完全に充電されていないことに気付いた ③昔からの優先順位に固執したかった ④母から怒られるのを恐れた 解説 第十二段落で人間に戻ったユージはいつものように充電が完了したスマートフォンに向かって歩こうとするがそこで立ち止まる。彼がそこで歩みを止めたのは、猫を通してみた自分が嫌な奴であることに気付き、自分の行動を改めようと思ったからである。よって答えは①である。 ②は本文と正反対の内容なので誤り。③はユージが行動を改めようとしないと述べており、誤り。④は全く述べられていないので誤り。  問5  46  正解は② 問題文訳・解答選択肢訳 この物語のテーマは何か。 ①猫は人間よりずっと感覚が鋭い ②自己を観察することは自分を変えることにつながる ③スマートフォンを使っている人は奇妙に見える

④信じられないことが夢では起こりうる 解説 選択肢を見て消去法を使って解くのが良い。①は猫の感覚の鋭さを強調した文章ではないので誤り。②はユージが猫になって自己を観察した体験を通して自分の行動を変えた本文の趣旨に合致している。③はスマートフォンを使っている人を批判している文章ではないので誤り。スマートフォンに熱中するあまり周囲への関心がおろそかになっていることを批判していると読むことは可能だがスマートフォンの使用そのものは否定していないと考えられる。④は夢では信じられないことが起こりうるということを述べた文章ではない。確かに猫に変身することは信じられないが、猫は自己を客観的に観察する装置としての役割が強く、夢での出来事にユージがただ驚いただけの文章ではない。問1  47  正解は④ 問題文訳・解答選択肢訳 段落(1)によれば、心理学者は友情についてなんといっているか? ①友情はその人の所有物比べられることがよくある。 ②友情は不安定になったとき、修復するのが不可能だ。 ③友情は、私たちが知人と衝突するに至らせることがある。 ④友情は自分たちのことを知る手助けになるが、問題をかかえることもある。 解説 段落1のみを読む。 第2文にfriendships lead us to a better understanding of ourselves「友情によって、私たちは自分自身の理解をより深めることができる」とある。また第3文では、我々は近しい友人とも衝突することがあり、その結果友情が終わることもある、とある。これら2文から④が正解とわかる。 ①第1文にfriendships are a valuable and important part of who they are「友情は自分を形成する、かけがえのない、重要な一部である」とあることから①を選んでしまうのかもしれないが、ここでは自分を

形成する一部、とあるだけで、具体的にpossession「所有物」と書いているわけでもなく、またそれをcompare「比べて」いるわけではない。 ②第4文でもし友人と衝突しても、友情を維持したり、守る方法を見つけることが可能だとあることだから、友情は修復可能である。 ③確かに第3文で私たちは知人と衝突するかもしれない、とあるが、ここには衝突する原因としては友情が書かれているわけではない。  問2  48  正解は② 問題文訳・解答選択肢訳 第2段落のswallow our prideの意味に最も近いのは以下のどれか? ①誰かに感謝する ②自分の感情を飲み込む ③問題が起こることがあることに気づく ④誰かに会うのをやめる 解説 swallow one’s prideで「恥を忍ぶ」「プライドを捨てる」という意味になるので正解は②。このイディオムを知らなくても、pride「プライド、自尊心」、swallow「飲み込む」を知っていれば解けるはずだ。 また単語の意味が分からなければFor example以下の文章から意味を推測する必要がある。マリーはスーザンに利用されたと思い、スーザンとの連絡を絶っていたが、結局はマリーは自分の気持ちを無視し、スーザンに自分ががっかりしたことを伝えたことで、スーザンとの関係が修復された、とある。ここでignore her own feelingsとあることから②が正解となることがわかる。  問3  49  正解は④ 問題文訳・解答選択肢訳 第5段落によると、研究によって 49 することが大切だということが分かった。 ①自分の本当の気持ちを表現することを躊躇 ②誤解や喧嘩を無視 ③可能であるときにはいつでも問題に耐える ④問題が小さいうちに解決 解説 第2文、第3文、第4文から小さい誤解が大きな喧嘩になることを避けた人は長い間友情を維持できたということが分かる。よって正解は④。問題文に「研究によると」とあるので、In one study「ある研究では」以下の文に注目すべきだ。 ①最終文で、自分の正直な気持ちを表現することを恐れないことによって、小さい喧嘩が大きなものになら

ないようにすることができる、とあることから本当の気持ちを表現するのを躊躇してはいけない。 ②第3文、第4文から小さい誤解や喧嘩が大きなものにならないようにすることで長い間友達でいられるとあるため、無視してはいけない。 ③問題に耐えていては問題が大きくなってしまうだろう。  問4  50  正解は④ 問題文訳・解答選択肢訳 段落(6)によると、友情を維持する際難しいことは何か? ①新しく、面白い友人をみつけること。 ②関係をいつ変えればいいのかをわかること。 ③友人が問題を抱えているかどうかをわかること。 ④悪い時期に近くにいること。 解説 問題は、友情を維持する際難しいことを聞いてきている。ここで第2文にThe challenge in maintaining friendships is「友情を維持することにおける課題は」とあることから、注目すべきはこの文とわかる。第2文の後半を読んでみると、関係の浮き沈みの間つながりを強く保つこと、とあるので正解は④とわかる。 ①友情を維持することを前提とした問題なので、新しい友人を探すのはおかしい。 ②確かに友情を維持するのに重要なことだと第4段落にあるが、この問題では特に第2文に注目しなくてはいけないので×。 ③一切述べられていない。  問5  51  正解は① 問題文訳・解答選択肢訳 この文章に最もふさわしいタイトルは何になるか? ①長く続く友情のためのアドバイス ②自分と自分の友達を守る ③友情のカギとしての力 ④変わっていく友情の性質 解説 「この文章に最適なタイトルは何だろうか?」という問題も最近定着してきた。この文章全体の要旨が問われているのだが、要旨といっても「どんな話題が多かったかな」という程度なので身構える必要はない。 少し堅苦しい説明をすると、本論で述べられている内容を押さえろ、ということである。 この問題で悩むとしたら①と④だろう。②③については一切述べられていない。 ①は第2段落、第3段落、第5段落の内容で、④は第4段落のみの内容であることから、分量的に①が正解とわかるだろう。また、第4段落で「生活様式が変わることで友情の性質も変わるかもしれない、そし

てそれを認知し受け入れることが友情を維持するのに重要な点だ」とあることから、第4段落も「長く続く友情のためのアドバイス」の一部としてとらえることができる。よって④を選ぶのは適切でない。  B   52  正解は④   53  正解は②   54  正解は③   55  正解は①  問題文訳・解答選択肢訳 ①長期の友情についての研究結果についての報告 ②自分の友人の視点から状況を見ることの大切さ ③友情は変質を遂げることを理解することの重要性 ④友人と連絡を取り、交流し続けることの価値 解説 パラグラフ(段落)をまとめる問題も,近年頻出している。年度によってはパラグラフを序論・本論・結論に分ける出題もある。どちらにせよパラグラフ単位で文章を把握する論理力が求められている。 第2段落では、友情を維持するために、友人と連絡を取り続け、本心を伝えることが大切だと言っている。よって④。 第3段落では、友情維持のため、友人の視点から物事を見てみることが大切だと言っている。よって②。 第4段落では、生活様式が変わるにつれ、友情の性質も変わるかもしれない。そして友情を維持するためには友情の性質が変わることを認識し、受け入れることが重要だ、と言っている。よって③。 第5段落では、長期間友情を維持してきた人にインタビューをし、その秘訣を聞く、という研究の結果と考察を書いている。よって①。