2017年の英語(リスニング)は例年通りの問題構成であった。分量的には昨年同様であり、傾向も変化はない。しかし問題レベルの面で見ると、特に第3問や第4問などにおいて情報量が多い英文や、直接的に表現されてはおらず解答にたどり着くためにはワンステップ踏まなければならず、後戻りができないリスニングとしてはそれなりの難しさがあり、昨年に比べて難化したと言える。
ce17_englishi-l_A