2017年度の化学は、難易度は昨年と同程度、設問数は昨年より増加、出題状況は変化なしだった。化学の出題範囲全体から幅広く出題されていた。知識問題は基本的なものが多く、計算問題は質、量ともに例年と同程度だった。化学基礎同様、実験に関する問題が目立った。出題数が増加しているため、問題を素早く処理することが重要となるだろう。

ce17_chemistry_A

→化学の解説はコチラ