第1問 地球の内部構造/地震/地球史/火成岩
基礎的な用語から応用的な計算まで、幅広い問題が問われた。Aの問1は基礎的な用語の問題、問2は計算問題だが、大森公式の導出を経験していれば解答の助けになったであろう問題だった。問3はやや細かい知識の問われた選択問題だった。Bに関しては恒例の火成岩の分類問題と火成岩の性質についての問題で、解説に載せた表を覚えていれば問題ない。

第2問 地球環境の変化/海水の運動/大気の運動/地震/火山
複雑な計算はないが、やや難しく感じる問題もあっただろう。問1では温室効果ガスを選ぶことが求められたが、温室効果ガスといえば二酸化炭素という思い込みがあると難しかったかもしれない。問2のbは代替エネルギーや原子力などがでてきて戸惑うかもしれないが、落ち着いて考えればわかっただろう。問4はオホーツク海に関する問題で、ややマイナーであり難しかっただろうか。

第3問 恒星/太陽系
太陽の構造と、天文単位についての基本的な問題である。問1では黒点の温度がポイントとなっているが、単純な用語の暗記だけではなく、それぞれの簡単な特徴と写真を確認していれば悩むことはなかったと思われる。問2は計算だが必要なものはすべて与えられており、落ち着いて計算すれば問題ないだろう。

第4問 地球史・宇宙史 地質
地球の歴史、宇宙の歴史について幅広く問われた。問1はオリオン大星雲と大マゼラン雲を混同する恐れがあり、冷静に星雲と銀河をしっかり区別しなければならない。問2、問3では地球の歴史について地質年代と化石を対応させて覚えておくことが解答する上で必要である。第3問の正断層・逆断層は混同しないようしっかり覚えておこう。

→地学基礎解説PDFはコチラ

外角は液体であり、その構成元素は90%がFe(鉄)で残りはNi(ニッケル)やCo(コバルト)等である。 地震波などの観測から、地球内部は大きく以下の4層の構造になっていることが知られている。 ・地殻:地表を覆う岩板で、厚さは数十kmほど。マントルとの境をモホ不連続面と呼ぶ。 ・マントル:地殻の下~深さ2900kmの部分で、主にかんらん岩からなる固体。 ・外核:2900~5100kmの深さの部分で、鉄を主成分とする液体。 ・内核:深さ5100km以深の部分で、鉄を主成分とする固体。 以上より、答えは⑥。  問2  2  正解は② 解説 初期微動継続時間はP波が届いてからS波が届くまでの時間なので、S波が観測地点に届くのにかかる時間はP波が観測地点に届くのにかかる時間と初期微動継続時間の和である。 グラフより、震源距離が14kmのときの初期微動継続時間は2秒だと読み取れる。P波が観測地点に届くまでにかかる時間は問題文より2.5秒なので、S波が観測地点に届くまでにかかる時間は2+2.5=4.5秒。つまり、S波は14kmを4.5秒かけて進むので、14÷4.5=3.11…≒3(km/s) 以上より、答えは②。

① 正しい。地球が誕生して間もないころ、微惑星や原始惑星の衝突時に放出された熱などで地球表面は岩石が解けた状態になっており、これをマグマオーシャンと呼ぶ。 ② 誤り。岩石が溶けてマグマオーシャンになっているとき、鉄などの密度の大きい金属成分は中心部に沈んで核を形成し、密度の小さい岩石成分は外側に向かって浮き上がってマントルを形成した。衝突した微惑星の成分によるわけではないので誤り。 ③ 誤り。原始地球は二酸化炭素が主成分の厚い原始大気を持っており、その後地球の温度が下がって海が形成されたときに二酸化炭素が海に溶け込み、窒素が主成分の薄い大気へと変化した。酸素が地球大気の主成分になるのは約25億年前にシアノバクテリアが登場して光合成を始めてからなので誤りだと分かる。 ④ 誤り。白亜紀末の大量絶滅は巨大隕石の衝突が一因だと考えられており、その証拠として中生代と新生代の境によく見つかるイリジウム(地球には少ないが隕石にはよく含まれる)などがある。メキシコのユカタン半島にあるチチュルブクレーターがその隕石衝突の際にできたクレーターだとされている。よって、誤り。 以上より、正解は①。  B 問4  4  正解は③ 解説 図2から、鉱物の細粒やガラス質の部分(石基)と大きく成長した鉱物結晶(斑晶)からなる斑状組織だとわかる。斑状組織は地下深くで成長した斑晶を含むマグマが地表近くで急冷されてできるもので、晶出順序は斑晶→石基である。また、地表近くで急冷されてできる安山岩や玄武岩といった火山岩に見られる組織である。 一方、閃緑岩や花こう岩といった深成岩は地下深くでゆっくりと冷やされてできるため、結晶が比較的大きく、大きさがほぼそろった等粒状組織を持っている。 したがって、組織のでき方はb、岩石名が安山岩である。 以上より、正解は③。  問5  5  正解は② 解説 ① 誤り。火成岩において最も多く含まれる成分はSiO2がであり、玄武岩においては質量の50%前後がSiO2である。FeOの割合は10%程度なので、誤り。 ② 正しい。斜長石はケイ酸塩鉱物の一種で、ほとんどの火成岩中に含まれている。CaやNaを含み、玄武岩質の岩石中ではCaに富み、花こう岩質の岩石中ではNaに富む。 ③ 誤り。玄武岩質であるほど有色鉱物が多く含まれ、花こう岩質であるほど有色鉱物の割合は低い。その割合は玄武岩で50%ほど、花こう岩で20%ほどであるから誤りである。

④ 誤り。密度は玄武岩質であるほど大きく、花こう岩質であるほど小さい。その比重は玄武岩で3.2ほど、花こう岩で2.7ほどであるから誤りである。 以上より、正解は②。 問4・5に関しては以下の表を覚えておくとよい。

解説 大気中の水蒸気や二酸化炭素、メタンなどのガスは、可視光線はほとんど吸収しないが赤外線はよく吸収するので、温室効果を持つ。大気中の二酸化炭素は化石燃料の燃焼や森林伐採などの人間活動により年々増加しており、地上気温の上昇の原因であると考えられている。 以上より、正解は①。  問2   7  正解は④   解説 a 誤り。地球放射が何らかの要因で増えたとすれば、地球はむしろ寒冷化すると考えられる。 b 誤り。これらの期間中にも地球大気中の二酸化炭素濃度は増加を続けている。また、世界の化石燃料消費はこれらの期間中にも増加を続けている。 以上より、正解は④。  問3   8  正解は① 解説 図1より、1910年から2010年の100年間に気温は1.1℃上昇したとわかる。この2倍の気温上昇率が2010年から2060年の50年間にわたって続くと、気温は1.1℃上昇する。 以上より、正解は①。

a 誤り。地球規模の深層循環は、グリーンランド沖で沈み込む海水によって駆動されている。(以下の図) b 正しい。オホーツク海高気圧の勢力が強く停滞期間が長いと、東北地方や北海道の太平洋側に「やませ」と呼ばれる冷たい北東風が吹き込み冷夏になる。このため冷害が起こって農作物の生育が阻害されることがある。 以上より、正解は③。① 誤り。海溝ではプルームの上昇によってではなく、海側のプレートが沈み込むのにともなって陸側のプレートを引きずり込むひずみのエネルギーによって地震が発生する。これにより巨大地震がおおよそ周期的に発生する。 ② 正しい。梅雨前線に湿潤な暖気や台風の影響が加わると大雨になることが多い。 ③ 誤り。火山のハザードマップにはその火山が噴火した時の溶岩や火砕流の到達予想範囲などが示され

ている。火山の噴火時期を早い段階に予知することはできないが、マグマの上昇に伴う振動や地殻変動などといった噴火の前兆現象を捉えて噴火予測が行われている。 ④ 誤り。液状化(液状化現象)は埋め立て地など、水を含んだ砂の地盤で起こりやすい。 以上より、正解は②。① 正しい。粒状斑と呼ばれる構造で、太陽内部のエネルギー輸送を担う対流の上部が太陽表面に現れたものである。 ② 誤り。この構造は黒点と呼ばれ、周囲より温度が低くなっている。太陽表面の温度は約6000Kであるが、黒点部は約4500Kである。黒点が黒いのは、低温のために周囲よりエネルギー放射が弱いことによる。 ③ 正しい。この構造はプロミネンス(紅炎)と呼ばれ、太陽表面から彩層・コロナの領域へ吹き上がる。その高さは数十万kmに達し、地球の大きさをはるかに超えるものもある。 ④ 正しい。この構造はコロナと呼ばれ、太陽の最も外部に存在する。温度は表面に比べて非常に高くなっている。 以上より、答えは②。  問2  12  正解は③ 解説 天文単位は太陽と地球の平均距離をおおむね基準とした単位で、問に与えられた情報から1天文単位は1億5000万kmとできる。30天文単位をキロメートルの単位に直して光速度で割ったのち、単位を秒から時間に直せばよい。光速度30万km/sより、 (30×1.5×〖10〗^8)/(3.0×〖10〗^5 )×1/3600=4.166… となり、約4時間。これより正解は③。

ア オリオン大星雲は地球から約1500光年離れたところにある生まれたての星が中心部に存在する散光星雲であり、宇宙の歴史の中で非常に若い。大マゼラン雲は地球から約16万光年離れたところにある銀河であり、古い星を含む銀河系である。 イ 最後の氷期 約3万年前に最後の氷期が始まり、約1万年前に最後の氷期が終了した。現在は間氷期である。全球凍結とは約22億年前と約7~6億年前に起こった地球が赤道域まで氷河に覆われた出来事のことである。よってイの約3万年前にあてはまる出来事は最後の氷期である。 以上より正解は①である。  問2  14  正解は④ 解説 ウ 三葉虫 デスモスチルスは新生代新第三紀中新世に栄えた哺乳類である。三葉虫は古生代カンブリア紀に出現し、ペルム紀末期に絶滅した節足動物である。約五億年前は古生代カンブリア紀であるので正解は三葉虫である。 エ 46億年前 地球の形成年代は約46億年前だと考えられている。その根拠は太陽系の形成初期に冷えて固まってできたと考えられる隕石の形成年代が約46億年前を示すことである。38億年前はグリーンランドのイスア礫岩の年代であり、それはこのころには地球上に海が存在したという証拠だと考えられている。

図1の断層は、断層より上側の岩盤がずり下がっている。そのような岩盤の両側から引っ張る力により断層の上側の岩盤がずり下がって形成される断層のことを正断層という。正断層とは逆に、岩盤の両側から圧縮する力により、上側の岩盤がずり上がって形成される断層のことを逆断層という。  不整合の形成時期 新第三紀 不整合は、不整合を挟む上下の地層の形成時期に大きな隔たりがある場合に見られる。問題文中では泥岩からは恐竜の化石が、砂岩からはビカリアがそれぞれ産出しているとある。恐竜は中生代の化石であり、ビカリアは新生代第三紀の化石であるので泥岩層と砂岩層の形成時期は大きく隔てており、その間に不整合が形成された。石炭紀は古生代であり、中生代より古い地質時代であるので不適当である。よって新第三紀が正解である。