フォーサイトの大学受験対策講座は高校生のための入試対策講座です

フォーサイトの想い

  • HOME
  • フォーサイトの想い

現役東大生執筆の過去問解答・解説が見られる!

フォーサイトの大学受験対策講座は、eラーニング「イノベー®」を利用して学習を進めます。お試し受講生登録をしていただくと、eラーニング「イノベー®」が無料でお試しいただけます。

フォーサイトの想い

大学合格をめざすみなさんへ

「なんとなく」大学進学

高校卒業後、自分がどんな日常を過ごしているか、イメージをもっていますか?
将来の夢や自分が就きたい職業のために大学進学を決めている人がいる一方、「とりあえず」「なんとなく」大学へ進学する人も多いのではないでしょうか。漠然と大学進学をイメージし、「色々なことを学びたい」「社会に出る前にじっくり自分と向き合いたい」といった考えで大学進学を志すのも十分な理由の一つです。
しかし、大学を取り巻く状況やその価値は昔と大きく変化しています。

二極化する大学

少子化が進んだ現在、「大学全入時代」といわれ、大学入学希望者数が大学入学定員総数を下回っています。日本私立学校振興・共済事業団の調査によれば、平成28年度は私立大学の44.5%が定員割れとなっており、大学や学部を選ばなければ、大学入学は難しくありません。

しかし、有名大学・難関大学は、受験者数や合格最低点は、昔と大きく変わらず、合格するのが難しいままです。合格するためには、学校の授業のほかに、有名大学・難関大学の合格者を多く出している塾や予備校に通うといった対策が必要です。

大きく変わった入試問題

一昔前の入試では、高校3年生の部活動を引退してから知識を詰め込んで臨んでも、何とか滑り込みで第一志望校に合格することができました。しかし、近年の入試問題は、思考力や表現力を試す問題が増え、単なる知識の詰め込みでは対応できません。例えば、英語の入試では、読み・書きだけでなく、聞く・話すといった4つの技能を試す検定試験(英検など)を外部試験として課す大学が増えてきました。思考力や表現力は急には身につきません。日頃からしっかり学習しているかどうかが試されているのです。

大学入試のライバルたち

入試の場では皆さんとほぼ同学年の人たちと競います。ライバルたちも合格を勝ち取るために日々努力していることでしょう。
自社で受験生にアンケートを取ったところ、部活動をしている生徒でも、学校以外で1日平均約4.5時間勉強していました。部活動を引退したあとは、部活動にかけていた時間(1日平均約3時間)も勉強時間にあてています。
ライバルたちは、受験までの限られた時間をやり繰りして、しっかり学習しているのです。

夢の実現のために

少しでも早く動き出すこと

皆さんの人生において、大学合格がゴールではありません。将来実現したいことが決まっている人にも、これから考える人にも、いずれ選択する時がやってきます。
例えば、就職についてです。自分の就きたい職業が決まっている人は、その職業に就くために必要な資格や知識を習得できる大学を選びたいですよね(別冊「夢を実現する大学選び」参照)。また、先のことをこれから考えようという人も、実績のある有名大学・難関大学に進んでおけば、就職活動をするときに有利です。
よりよい未来を切り開くためにも、少しでも早く勉強を始めて、合格をめざしましょう。

受験生へのメッセージ

望む未来を自分の手でつかみとろう

あなたはどんな大人になりたいですか? あなたの夢は何ですか?
人や社会のためになる仕事がしたい。大手企業に就職したい。会社を起こしたい。家族を幸せにしたい。夢は人それぞれです。まだ夢が見つからないという人もいると思います。

これからあなたが挑む「大学受験」は、その夢を達成するための大きな「武器」を手に入れる大切な試練です。大学で何を学ぶか。どんな時間を過ごし、どんな経験を積み、どんな人と出会うか。大学生活はその先の人生を大きく左右します。

「志望校合格」という目標にたどり着くまでの努力は、簡単なものではありません。ですが、今した努力は必ず未来の自分に還ってきます。あなたの夢を叶えるチカラに、将来新たな夢を持ったあなたのチカラとなるでしょう。

だから、大学選びも受験勉強も妥協しないでほしい。

行きたい大学へ行こう。

そうやって自分の力で「武器」を手に入れ、人生を切り開く強さを持ってほしい。
今、夢がある人はそれを叶えられる人に。今はまだ夢がなくても、将来は漠然としたものでも、夢を抱いたときに、それが叶えられる人であってほしい。

そのためにも、進学する大学は大きな意味を持ちます。
フォーサイトでは、「志望校合格」という目標を一緒に達成することで、未来への扉を開くお手伝いをします。自分の力で未来を切り開くあなたの力になります。

保護者様へのメッセージ

子どもたちを一番近くで支える保護者様へ

「学歴」は就職やその先の人生で、時に大きな「武器」となり、「足かせ」ともなる。自ら実感している保護者様は多いのではないのでしょうか?

これから子どもたちが経験する「大学受験」は、彼らにとって社会に出るための最初の大きな挑戦となります。親としては、社会に送り出す前にしてあげられる最後の教育、「親の卒業試験」なのかもしれません。

ですから、受験や進路について子どもと話し合う時間をたくさん取ってください。励まし、アドバイスし、サポートしてください。子どもたちが自分で未来を想像し、そのために行動できる環境をつくりましょう。自主性を尊重し、なにより子どもを信じてください。

「大学受験」という大きな試練を乗り越えるのは彼ら自身ですが、保護者様の支えは不可欠です。
フォーサイトは、保護者様とともに、子どもたちの学習の支えとなります。

たとえ、近くに予備校がなくても。経済的理由で予備校へ通わせることができなくても。
通信教育のフォーサイトなら、全国どこでも、低価格で一流の教育が受けられます。
たくさんの子どもたちに、トップレベルの学習の機会を提供することで、あきらめなくてはいけない夢の数を少しでも減らせるように、彼らの意思を最大に尊重できるように。

彼らが、社会で強く生き抜くための大きな「武器」を手にし、夢を叶える姿を想像して、フォーサイトは、保護者様とともに子どもたちをサポートしていきます。

大学講座を始めた理由

難関資格取得で高い実績を誇る通信講座

1993年に企業研修専門会社としてスタートしたフォーサイト。2年後の1995年、全国各地で同じレベルの研修ができる通信教育に意義を見出し、その後、企業研修や資格学校を続けながら培った教育のノウハウをもとに、より効果的な教育システムの構築に着手。2004年、本格的に「資格取得のための通信教育」の事業をスタートしました。
それ以来、「より質の高い教育を、リーズナブルな価格で、全国にお届けすること」を掲げ活動し、現在は、難関資格講座で毎年、全国平均よりも高い合格率を全講座でマーク。フォーサイトが提供する教育の質の高さが実績として裏付けられています。
2016年には累計受講者数が15万人を突破。今も多くの方の学習環境を支えています。

人生を強く生きるために

資格は、人生を切り開く強力な「武器」となる。そんな想いで難関資格取得への学習サポートを続けてきました。そして、もう一つ「学歴」という心強い武器をたくさんの若者に手に入れてもらうため、大学受験の通信講座を開講しました。
心強い「武器」をもって社会へ出ていける。人生の選択肢が広がる。社会がよりよいものとなる。そんな未来を夢見て。

全国どこでも、一流の受験対策を

学校の授業で行われる学習だけでは受験レベルに達しない。進学塾ではそもそもレベルの高い生徒しかついていけない。そんな教育格差を埋めるため、一流講師の講義をインターネットで配信します。教材や講義は大手予備校で教鞭を執った正真正銘のエリート講師が手掛けています。また、通信講座に特化することで得られる多くの利点をいかし、全国どこにいても、必要な科目を、いつでも、低価格で受講することができます。

「家の近くに塾や予備校がない。」「学校と塾では学習の遅れが取り戻せない。」「経済的理由で、塾や予備校に通えない。」でも、あきらめてほしくない。
フォーサイトは頑張る受験生を全力で応援します。

一流の教育をすべての人へ

フォーサイトでは学習環境で問題になる、経済的理由、時間の制約、地域格差、教育の質の偏り、それらを通信教育の強みを生かしてすべてクリアにし、一人でも多くの子どもたちへ学びの機会を提供できるよう活動しています。

「地方には大学入試に対応できる教育インフラが整っていない」ことと、「質の高い教育を受けるには大きな費用が必要となる」こと。これら2つが、教育格差を生んでいる主要な原因だとフォーサイトは考えています。また、現在の有名予備校の多くは、進学校に通う生徒を対象とした授業を中心にしており、平均レベルの高校に通う生徒が基礎から学ぶには適した内容とはいえません。

そこでフォーサイトは、基礎から学べる質の高い教育を、全国どこでも受講できる通信教育で、コストを抑えた低価格で提供します。
これにより、どこに住んでいても、あまり費用がかけられなくても、誰もが志望の大学・学部に合格できる教育を受けられる環境をつくります。

子どもたちを一番近くで支える保護者様へ

「学歴」は就職やその先の人生で、時に大きな「武器」となり、「足かせ」ともなる。自ら実感している保護者様は多いのではないのでしょうか?

これから子どもたちが経験する「大学受験」は、彼らにとって社会に出るための最初の大きな挑戦となります。親としては、社会に送り出す前にしてあげられる最後の教育、「親の卒業試験」なのかもしれません。

ですから、受験や進路について子どもと話し合う時間をたくさん取ってください。励まし、アドバイスし、サポートしてください。子どもたちが自分で未来を想像し、そのために行動できる環境をつくりましょう。自主性を尊重し、なにより子どもを信じてください。

「大学受験」という大きな試練を乗り越えるのは彼ら自身ですが、保護者様の支えは不可欠です。
フォーサイトは、保護者様とともに、子どもたちの学習の支えとなります。

たとえ、近くに予備校がなくても。経済的理由で予備校へ通わせることができなくても。
通信教育のフォーサイトなら、全国どこでも、低価格で一流の教育が受けられます。
たくさんの子どもたちに、トップレベルの学習の機会を提供することで、あきらめなくてはいけない夢の数を少しでも減らせるように、彼らの意思を最大に尊重できるように。

彼らが、社会で強く生き抜くための大きな「武器」を手にし、夢を叶える姿を想像して、フォーサイトは、保護者様とともに子どもたちをサポートしていきます。


衰弱する教育環境

文部科学省の調査によると、下の表にあるように都道府県や市町村が支出する地方教育費は減少傾向にあります。教育も他の公共サービスと同じく、コストの削減に迫られているのです。
また、自治体が支出した高校生一人あたりの年間学校教育費は、2007年の119万千円をピークとして、2013年には109万9千円となり、10万円弱も減っています。

この教育費の減少を文部科学省は「教員などの人件費の削減による」としています。その結果として、平均的なレベルの高校では、学習指導・受験指導を十分に行える指導者が不足しています。

つまり、学校の勉強だけでは、レベルの高い大学の受験に対応できる学力を身につけることが難しいといえます。

フォーサイトがめざす誰でも勉強できる環境づくり

フォーサイトは、難関資格を取得するための通信教育を行なっています。その資格の学校が大学受験の通信教育を始めたのには、理由があります。

誰もが希望の大学や学部に合格できる教育を受けられる。どこに住んでいても、あまり費用をかけられなくても、学びたいことが学べる。
そんな「誰でも勉強できる環境」をつくるために、フォーサイトは大学受験の通信講座を開講しました。人は努力によって知識を身につけ、自分の能力を伸ばすことができます。しかし、学びたくても学べない環境で、チャンスを失ってしまっている人が多いのも現実です。

努力と知識で人生の武器を手に入れる。そのお手伝いをすることが、フォーサイトの目的です。

大学の重要性

就職、雇用状況から見る 大学の重要性

みなさんは何のために大学をめざしていますか?
就職する時に大学を出たかどうか、また、どんな大学を出たかで、その先の人生に大きな影響を与えます。現代の就職状況から、その差を見ていきましょう。

収入の差は、数千万から数億円!?

左のグラフを見てください。正規社員の賃金上昇が明らかに高く、非正規社員はあまり上昇が見られません。また、高卒者と大卒者では、上昇の傾向は大きく変わりませんが、そもそもの額に差があることがわかります。
諸説ありますが、非正規社員は正規社員に比べ、生涯賃金には4~5倍の差が出るといわれます。また、正規社員であっても、高卒者の生涯賃金は大卒者の1~2割も低いといわれます。学歴だけで生涯賃金に数千万~数億円の差が出るのです。

※高校卒・大学卒ともに男性の数値。
女性についても男性と同様の傾向が見られる。
【出典】独立行政法人労働政策研究・研修機構『若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状―平成19年版「就業構造基本調査」特別集計より―』

大卒正規社員内定率は79.6%

就職活動をする際、大卒者と高卒者の就職内定率はさほど変わりありません。ですが、下のデータによると、大卒以上とそれ以外の正規社員の割合には大きな差が見られます。学歴により、就職の際の選択肢が限られてくるのが現状です。

【出典】厚生労働省調べ中卒-大卒予定者の就職(内定)率
(2014年3月末時点と2013年同時期)(再録)

正規社員になった後も続く学歴による賃金格差

左のグラフでわかるように、年齢を追うごとに正規社員とそれ以外の格差は広がり、通常、お金が一番必要になるライフステージの50代でその格差はピークを迎えます。このような埋まらない賃金格差に不安を感じる人が多いといわれます。

正規社員での就職という選択肢を広げ、高賃金で働き続けるには、大卒以上の学歴が最低条件のようです。また、就職活動の段階でなるべく多くの選択肢を増やすには、どんな大学でどんな学習をしていたかが大切になってきます。

【出典】厚生労働省「平成25年賃金構造基本統計調査(全国)結果」

どんな職業につきたいですか?

人気、あこがれ、収入。つきたい職業

みなさんは何のために大学をめざしていますか?
就職する時に大学を出たかどうか、また、どんな大学を出たかで、その先の人生に大きな影響を与えます。現代の就職状況から、その差を見ていきましょう。

就職が難しいあこがれの職業、収入が高い職種は?

あ右の職業別の平均年収ランキングを見てください。
あこがれの高収入職は、人気も就業難易度も高く、高いレベルの知識が必要な高度専門職が多く、誇りを持って働ける職種が名を連ねています。

1位はパイロット。平均1,530万円で、ベテランだと2,000万円を超えます。パイロットや医師、弁護士など、専門性の高い職業をめざすには、それに適した専攻の科目を履修することや、大学を出ることが不可欠です。

【出典】平成27年 厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

人気の職業、キーワードは「安定」

大学生へのアンケートで軒並み上位にあがる職業は公務員、研究員、プログラマー、エンジニア、銀行員、金融関係、看護師、医師などです。仕事に「安定」を求める傾向があるようです。
以前は安定した職業は保護者からの人気が高い傾向にあったのですが、左ページで紹介したような、就職を取り巻く現状などから来る社会的不安を、学生たちも感じている時代なのでしょう。
大学生が仕事を決めるにあたり、他にも「自分の好きなこと」「誰かの、社会の役に立つこと」「生活とのバランス」「収入」などを求めているようです。

安定した職業ランキング

1位 公務員

公務員試験に合格後、採用試験を受けて公務員になれます。2015年の国家公務員の平均月額給与は41万6,455円。地方公務員の平均月額給与は37万6,959円と、収入が飛び切りいいわけではありませんが、「倒産しない」「景気に左右されにくい」といった強みが人気の理由でしょう。

2位 医師

収入ランキングでも上位に名があがる医師は、患者がいなくなることはなく、常に人材不足。高齢化社会の日本では特に安定していく職業でしょう。医師になるにはハードルが高いですが、それに見合う収入も、やりがいもあります。

3位 弁護士・会計士

職業別の年収ランキングでも上位に名を連ねる「弁護士」や「会計士」。弁護士は「法律」、会計士は「お金」と、普遍的なものを専門に取り扱う職業は、どんな時代も必ず一定のニーズがあります。弁護士事務所、会計事務所だけでなく、さまざまな業種での活躍も期待できます。

これから向かう受験はあなたの将来の夢がかかった大切な選択。夢がある人はその夢を叶えるために、まだ考え中の人は方向性を見極めるために、前に進むことが必要になります。「自分の好きなことをやりたい」「誰かの、社会の役に立ちたい」「たくさん稼ぎたい!」夢や目標を持つことで、受験勉強を楽しいものへと変えましょう。


  • HOME
  • フォーサイトの想い

現役東大生執筆の過去問解答・解説が見られる!

フォーサイトの大学受験対策講座は、eラーニング「イノベー®」を利用して学習を進めます。お試し受講生登録をしていただくと、eラーニング「イノベー®」が無料でお試しいただけます。

PAGETOP
Copyright © フォーサイトの大学受験対策講座 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.