フォーサイトの大学受験対策講座は高校生のための入試対策講座です

センター試験対策講座

現役東大生執筆の過去問解答・解説が見られる!

フォーサイトの大学受験対策講座は、eラーニング「イノベー®」を利用して学習を進めます。お試し受講生登録をしていただくと、eラーニング「イノベー®」が無料でお試しいただけます。

基礎力を問うセンター試験では高い得点率が求められます。フォーサイトのセンター試験対策講座は、高校1・2年生で扱う内容も含めて基礎から学習することで、着実に得点力を伸ばすことができる内容となっています。また、各科目の講義は分野ごとに細かく分けられているため、苦手な分野だけを受講して、弱点を克服することもできます。

科目一覧courses

英語

概要 センター試験で高得点を取るためには出題傾向を知り、漏らさず得点することが重要です。本講座ではこれまでのセンター試験の問題を分析し、センター試験の大問ごとに出題頻度の高い内容について、そのエッセンスと解法のノウハウを講義します。
内容 <英語01>
Ⅰ.大問1対策 発音編
Ⅱ.大問1対策 アクセント編
Ⅲ.大問2A対策 英文法・語法・語彙編
Ⅳ.大問2B対策 整序英作文編
Ⅴ.大問2C対策 応答文完成編

<英語02>
Ⅵ.大問3A対策 対話文完成編
Ⅶ.大問3B対策 不要文選択編
Ⅷ.大問3C対策 意見要約編
Ⅸ.大問4A対策 図表読解問題編
Ⅹ.大問4B対策 広告読解問題編
Ⅺ.大問5対策 長文読解問題編【物語文・メール文】
Ⅻ.大問6対策 長文読解問題編【論説文】

学習時間
目安
約23時間

数学

数学Ⅰ [基礎編]
概要 高校数学の基本・基礎を学びます。「数と式」「2次関数」「図形と計量」「データの分析」を理解できるようになることが目的です。基本知識の説明だけでなく、上手な計算の仕方などにも触れることで、制限時間内に問題が解けるように講義します。
内容 Ⅰ.式の計算
Ⅱ.実数
Ⅲ.1次不等式
Ⅳ.集合と命題
V.2次関数
Ⅵ.三角比
Ⅶ.データの分析
学習時間
目安
約12時間

 

数学A [基礎編]
概要 「数学Ⅰ」の内容の補完と、事象を数学的に考察する能力を養うことが目的です。「場合の数」「確率」「図形の性質」「整数の性質」を扱います。センター試験では先述の3つの内容から2つを選択して解答します。内容の理解だけでなく、最適な「選択」もできるように講義します。
内容 Ⅰ.場合の数
Ⅱ.確率
Ⅲ.図形の性質
Ⅳ.整数の性質
学習時間
目安
約8時間

 

数学II [基礎編]
概要 「式と証明」「複素数と方程式」「図形と方程式」「三角関数」「指数関数」「対数関数」「微分法」「積分法」を扱います。扱う内容が多いだけでなく、一つひとつの内容も難易度が高いため、センター試験で狙われやすい内容だけをピックアップすることで、無駄なく高得点を取れるよう講義します。
内容 Ⅰ.式と証明
Ⅱ.複素数と方程式
Ⅲ.図形と方程式
Ⅳ.三角関数
Ⅴ.指数関数
Ⅵ.対数関数
Ⅶ.微分法
Ⅷ.積分法
学習時間
目安
約11時間

 

数学B [基礎編]
概要 「平面ベクトル」「空間ベクトル」「数列」で構成されています。これらには受験生の中でも特に苦手とされる図形や数の規則が含まれますが、受験生の立場に立ち、明快な説明を展開。基本事項の定着に重きを置きながら講義します。
内容 Ⅰ.平面ベクトル
Ⅱ.空間ベクトル
Ⅲ.数列
学習時間
目安
約7時間

 

数学ⅠA [実践編]
概要 本番で80点以上を得点することが目標です。そのために「計算力」「数学の知識」「テクニック」の3つの要素を講義の中に散りばめています。講座は主にセンター試験の過去問から構成されており、本番を意識した演習を行うことができます。基本事項の確認が必要な場合には、[基礎編]と一緒に受講することでより効果が期待できます。
内容 Ⅰ.数と式
Ⅱ.集合と論理
Ⅲ.図形と計量
Ⅳ.2次関数
Ⅴ.データの分析
Ⅵ.場合の数と確率
Ⅶ.図形の性質
Ⅷ.整数の性質
学習時間
目安
約6時間

 

数学ⅡB [実践編]
概要 例題編と問題編に分かれており、解答に必要な要素が似ている例題と問題をペアリングして構成しています。講義ではすべての例題について解説。例題の内容が理解できているかどうかは、問題を解くことで確認することができます。また、すべての例題・問題には5段階の難易度と解答目標時間がついており、より効率的な学習が可能です。
内容 Ⅰ.複素数と方程式
Ⅱ.図形と方程式
Ⅲ.三角関数
Ⅳ.指数・対数関数
Ⅴ.微分法と積分法
Ⅵ.ベクトル
Ⅶ.数列
学習時間
目安
約4.5時間

国語

現代文
概要 センター試験で出題された評論・小説形式の問題を解きながら、現代文を読み解くために求められる「同一」「矛盾」「因果」の論理を学び、真の読解力を養います。
内容 <現代文01>
Ⅰ.読解力と現代文の論理
Ⅱ.現代文の論理と同一物理解
Ⅲ.同一物理解とその応用編
Ⅳ.小説の読解・入門編
Ⅴ.小説のメカニズム
Ⅵ.センター試験のメカニズム
Ⅶ.因果関係と「原因・理由の説明」
Ⅷ.「対比構造」と選択肢の処理
Ⅸ.因果関係と状況・属性分析法①

<現代文02>
Ⅹ.因果関係と状況・属性分析法②
Ⅺ.因果関係と状況・属性分析法③
Ⅻ.現代文の論理と文章構成
ⅩⅢ.小説の読解と描写の特徴①
ⅩⅣ.小説の読解と描写の特徴②
ⅩⅤ.総合問題

学習時間
目安
約18時間

 

古文
概要 古文の読解に必要となる文法をはじめ、センター古文で取り上げられる「説話」「物語」「日記」「随筆」など出題分野別の特徴に触れながら、センター試験の大問ごとに解法を講義します。
内容 <古文01>
Ⅰ.読解基礎・世界観の構築
Ⅱ.主語把握
Ⅲ.説話文学の読解法
Ⅳ.物語文学の読解法①
Ⅴ.物語文学の読解法②
Ⅵ.随筆・日記文学の読解法①
Ⅶ.随筆・日記文学の読解法②

<古文02>
Ⅷ.センター設問別アプローチ 問1 単語問題
Ⅸ.センター設問別アプローチ 問2 文法問題《識別》
Ⅹ.センター設問別アプローチ 問2 文法問題《敬意》
Ⅺ.センター設問別アプローチ 問3 解釈問題
Ⅻ.センター設問別アプローチ 問4 理由説明問題
ⅩⅢ.センター設問別アプローチ 問5 和歌問題
ⅩⅣ.センター設問別アプローチ 問6 内容一致問題

学習時間
目安
約18時間

 

漢文
概要 センター試験において文系・理系を問わず、漢文で満点を取るための「句法」と「助字」のエッセンスを、センター試験の過去問を解きながら効率的に講義します。
内容 Ⅰ.漢文基礎・再読文字
Ⅱ.読解のための基本ルール・否定
Ⅲ.疑問・反語
Ⅳ.使役・受身
Ⅴ.比較・選択・抑揚・限定・累加
Ⅵ.感動詠嘆・仮定
Ⅶ.漢詩
Ⅷ.総合演習
学習時間
目安
約10時間

理科

物理基礎
概要 物理基礎で高得点を取るには「物理現象を正しく理解する」ことが大切です。物理現象が頭の中でイメージできるようになるまで、ゆっくりと丁寧に理解を進めていきます。テキストには簡単な要点(説明部分)がついており、講義ではこの要点をもとに話を膨らませていきます。また、各章の最後にはセンター試験の過去問から重要なものを厳選した演習問題がついており、本番を想定した学習を行うことができます。
内容 1.物体の運動
2.さまざまな力と運動
3.仕事とエネルギー
4.熱とエネルギー
5.波の性質
6.音
7.静電気と電気抵抗
8.交流と電磁波
9.エネルギーとその利用
学習時間
目安
約9時間

 

化学基礎
概要 センター試験の勉強では,「適当な勉強」で得た「あやふやな記憶」は大敵。5つの選択肢を2つに絞り,さらに正答を選ぶには「確固たる知識」が必要です。本講座では,初学者でも理解しやすい丁寧な講義で基礎からの理解を深め,例題・演習問題で地域を定着させていきます。「確固たる知識」をどんどん増やしていきましょう!
内容 Ⅰ-1 物質の状態と分類
Ⅰ-2 原子の構造と周期表
Ⅰ-3 物質と化学結合
Ⅱ-1 物質量と化学反応式
Ⅱ-2 酸と塩基の反応
Ⅱ-3 酸化還元反応
学習時間
目安
約16時間

 

地学基礎
概要 地学基礎は暗記事項が多いとはいえません。本講座を受講すれば、試験に必要な情報は十分です。講義を観て、テキストを繰り返し読みながら、あわせて問題演習をしましょう。暗記より理解を重視して学習していきましょう。
内容 1 地球の形と構造
2 プレートの動きと地震
3 岩石
4 火山
5 地球史と古生物
6 堆積構造と地質断面図
7 大気と気象
8 海洋と地球の熱収支
9 宇宙
10 地球環境
学習時間
目安
約9時間

 

物理
概要 センター試験「物理」では“物理の基礎学習の達成度”が判断されます。本講座では、どの分野についても基礎知識と学力を定着させるとともに、センター試験の過去問を演習することで実践力を身に着けていきます。
内容 <物理01>
1.平面内の運動
2.仕事と力学的エネルギー
3.剛体
4.運動量と力積、運動量の保存
5.円運動と単振動
6.万有引力
7.気体の性質と分子の運動
8.波の伝わり方
9.音波
10.光波
学習時間
目安
約24時間

 

化学
概要 化学という学問は理解と知識がともに必要です。「センター試験対策講座 化学」は、覚えるべきことをなるべく簡潔にまとめた説明部分と、センター形式の問題から構成されており、可能な限りセンター試験の形式に合わせています。本書をしっかりと学習することでセンター試験で高得点を得ることは十分に可能です。焦らずに着実に力をつけていきましょう!
内容 <化学01>
第1部 物質の構成と物質の状態
Ⅰ 物質の構成
Ⅱ 原子の構成
Ⅲ イオン
Ⅳ 物質量と原子量
Ⅴ 結合の種類
Ⅵ 固体の構造
Ⅶ 物質の状態変化
Ⅷ 気体の性質
Ⅸ 溶液
Ⅹ 希薄溶液
第2部 物質の変化と化学平衡
Ⅰ 化学エネルギーと熱化学方程式
Ⅱ 反応速度
Ⅲ 酸と塩基
Ⅳ 化学平衡
Ⅴ 酸化還元
Ⅵ 電気化学
学習時間
目安
約23時間

地歴公民

世界史B
概要 センター試験で出題される頻度が高い基本的な世界史の知識を習得するために、通常の高等学校の教科書とは異なるカリキュラムで進め、分かりやすく楽しく講義を展開していきます。また、センター試験以上のレベルに触れる場合もあります。この講座をマスターすることで、センター試験で満点を目指しましょう。
内容 <世界史B01>
1. 古代オリエント世界
2. ギリシア・ヘレニズム世界
3. ローマ世界
4. ヨーロッパ世界の成立
5. 封建社会の動揺と崩壊
6. ルネサンス・大航海時代(古代アメリカ文明含む)・宗教改革
7. 絶対主義諸国家の盛衰 1
8. 絶対主義諸国家の盛衰 2
9. イギリス産業革命・アメリカ独立革命
10.フランス革命・ナポレオン
11.文化史1(ギリシア〜18世紀末のヨーロッパ文化)

<世界史B02>
12. 黄河文明・殷・周・春秋戦国時代
13. 魏晋南北朝〜隋・唐
14. 五代十国・宋〜モンゴル帝国・元
15. 明・清
16. 文化史 2(中国文化史)
17. 内陸アジア・朝鮮史
18. 古代インド
19. 東南アジア
20. イスラーム世界 1
21. イスラーム世界 2
22. 文化史 3(イスラーム文化史)
23. ウィーン体制とその崩壊
24. 19世紀後半の欧米諸国
25. 文化史 4

<世界史B03>
26. 帝国主義
27. 第一次世界大戦
28. ロシア革命・ソ連の成立
29. ヴェルサイユ・ワシントン体制
30. 世界恐慌・ファシズムの台頭
31. 第二次世界大戦(ヨーロッパ戦線)
32. 第二次世界大戦までの西アジア
33. 第二次世界大戦までの南アジア・東南アジア
34. 第二次世界大戦までのアフリカ・太平洋
35. 第二次世界大戦までの東アジア 1
36. 第二次世界大戦までの東アジア 2
37. 第二次世界大戦までの東アジア 3
38. 第二次世界大戦後の国際関係
39. 第二次世界大戦後の欧米諸国
40. 第二次世界大戦後のアジア・アフリカ
41. 文化史 5

学習時間
目安
約59時間

 

日本史B
概要 講義は暗記ではなく、理解を重視して行います。日本史特有のエピソードを織り交ぜながら、それぞれの史実の因果関係を丁寧に分析し、また、過去の出来事を簡単に想像できるよう、分かり易く解説します。毎回、講義の最初に、どのように歴史が流れてきたかを再確認するので、学んでいる時代が歴史全体のどの段階なのかがわかり、歴史知識の軸がぶれることなく、学習にあたることができます。
内容 <日本史B01>
Ⅰ. 原始・古代
Ⅱ. 中世
Ⅲ. 近世

<日本史B02>
Ⅳ. 近現代

学習時間
目安
約72時間

 

日本史B 文化史
概要 多くの受験生にとって苦手分野の文化史をテーマごとにあつかいます。文化史には「何がどのように出題されるか」といったことに一定の法則があります。講義では、その「一定の法則」を伝えていきます。
内容 Ⅰ. 仏教史・神道史
Ⅱ. 学問・思想史
Ⅲ. 教育史
Ⅳ. 絵画・工芸史
Ⅴ. 彫刻史
Ⅵ. 建築史
Ⅶ. 史学史
Ⅷ. 文学史
Ⅸ.芸能史
学習時間
目安
約21.5時間

 

倫理
概要 古代から現代の思想を「源流思想」「近現代西洋思想」「日本思想」「現代の倫理」に分け、主に思想家、哲学者ごとに講義していきます。重要なポイントや正誤問題において選びがちな誤りの選択肢などを紹介し、着実に得点できる実力を養成します。
内容 Ⅰ. 源流思想(1)
Ⅱ. 源流思想(2)
Ⅲ. 近現代西洋思想(1)
Ⅳ. 近現代西洋思想(2)
Ⅴ. 近現代西洋思想(3)
Ⅵ. 日本思想(1)
Ⅶ. 日本思想(2)
Ⅷ. 現代の倫理
学習時間
目安
約25時間


現役東大生執筆の過去問解答・解説が見られる!

フォーサイトの大学受験対策講座は、eラーニング「イノベー®」を利用して学習を進めます。お試し受講生登録をしていただくと、eラーニング「イノベー®」が無料でお試しいただけます。

PAGETOP
Copyright © フォーサイトの大学受験対策講座 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.