2018年度 センター試験 【物理】

設問数、マーク数ともに変化はなかった。ただし、組み合わせ問題が増えたことで分量はやや増加した。

解答はコチラ 第1問の解説はコチラ

問1 運動量保存則と運動エネルギーの式を扱う問題。これは落とさないでほしい。 問2 音の性質に関する正誤問題。消去法ではなく積極的に正答を選びにいきたい。 問3 点電荷によって生じる電場の問題。きちんと図示すれば時間をかけずに解けるだろう。 問4 気体の運動エネルギーの問題。ボルツマン定数を用いた表式は覚えておこう。 問5 重心の位置を求める問題。円板A が負の質量をもつとして扱うと楽に解ける。

第2問の解説はコチラ

第2問A はコンデンサーに関する問題。コンデンサーに充電するときの電流の変化と公式を思い出せば,解くことができる。 第2問B は磁場に入っていくコイルの問題。誘導起電力の求め方とローレンツ力の公式を思い出そう。

第3問の解説はコチラ

第3問A は波の式やグラフについての問題であった。 問1 波の変位の式から周期と初期位相を選ぶ問題。基本事項なので落とさないようにしたい。 問2 入射波と反射波を合成してできる定常波の性質を答える問題。合成波を問題文中のグラフに直接図示すると解けるだろう。 問3 与えられた基本振動と2 倍振動,その合成波の図から,波の変化を読み取る問題。与えられた図の間隔での波の変化の様子から特徴を読み取って,目盛りに注意して選べるようにしたい。 第3問B は光の反射と干渉についての問題であった。 問4 反射による位相変化と,強め合う条件から徐々にガラス板の間隔を変化させたときの光の干渉を答える問題。この問題は2 回反射して位相が元に戻っていることに注意しておこう。 問5 波の速さ・振動数と・波長という基本的な関係から強めあう条件を導ける。振動数の変化で再び強め合う(弱め合う)ときのmの変化を考えよう。

第4問の解説はコチラ

第4問Aは単振動に関する問題。単振動の公式をおさえていれば解くことができる。物体にはたらく力を考え運動方程式を立式できたかがポイント。 問1 摩擦力とばねによる力のつり合いを考える問題。最大静止摩擦力がはたらくときのx 座標を求めればよい。 問2 物体の運動にかかる時間を考える問題。物体は単振動を行っているので,単振動の周期を考えればよい。ただし,物体の運動は単振動の半周期分であることに気をつけること。 第4 問Bはばねが絡んだ気体の状態変化に関する問題。力学と熱力学の融合問題だが,焦らず必要な立式を行えばよい。 問3 ばねの状態について考える問題。力のつり合いの式と別に,気体の体積がばねの縮みとピストンの面積を乗じたものに等しいことを利用し,立式を行えばよい。 問4 温度変化による気体の内部エネルギー変化を考える問題。単原子分子理想気体の定積モル比熱が3/2R であることを用いて解くこと。 問5 気体がした仕事をグラフから読み取る問題。圧力が変化するため,微小変化について考える。積分がわかる人はすぐ解けるだろう。

第5問の解説はコチラ

問1 問題で与えられたヒント通りに式を立てるだけなので,面積速度の定義を知っていれば問題ない。 問2 問1 で導かれた結果からエネルギーのグラフを選ぶ問題。落ち着いて整理すればよい。 問3 力学的エネルギーを比較する問題。丁寧に遠日点までの距離を適当に設定して力学的エネルギーを計算すれば求まる。

第6問の解説はコチラ

問1 原子核と素粒子に関する基本事項を問う問題。クォークに関してはあまりなじみのない人が多いかもしれないが,これを機にその性質をしっかり知っておこう。 問2 崩壊と崩壊の回数を問う問題。それぞれの崩壊がどのような性質をもつか知らなければ正解は難しいが,知ってさえいれば簡単な計算で答えは導かれる。 問3 原子核崩壊の半減期に関する知識を基にした問題。原子核崩壊を表すグラフは見慣れていてほしい。

多少手間のかかる設問が多かったが、各分野に対する深い理解があれば計算量が抑えられ、高得点が狙えたのではないか。