数学(理科)【解答】2017年東京大学二次試験解答速報

《総評》

昨年に引き続き難易度も控え目で、全体として得点しやすい問題であったと言える。やや発想を要する問題もあったが繁雑な計算も少なく、基本事項を押さえておけば地道な計算をすることでも十分な得点が期待できたであろう。
しかし捉え方を変えることで更に計算量を減らすことの出来る問題が数個見受けられ、この点に気が付けたか否かで時間的余裕に関して差がついたと考えられる。

第1問

第1問

第2問

第2問

第3問

第3問

第4問

第4問

第5問

第5問

第6問

第6問