医学部の受験方法

難関と言われる医学部の受験。近年、医学部人気は高まっており、倍率も高くなっています。

医学部の受験は国公立と私立でかなり違っているので、志望校選びをするときは、よく考えないといけません。受験科目も受験方式も違います。もちろん受験料も、国公立と私立とではかなりの開きがあります。

このページでは、医学部が設置されている大学、医学部の難易度、受験科目や入試方式、求められる学力などについて解説していきます。各大学の違いを把握して、自分に合った志望校をぜひ見つけてください。

医学部受験について

医学部を設置する大学は全国にあります。東京に比べると地方の私立大学の数は少なくなりますが、国公立大学は充実しており、地方在住の方でもお住まいの地域のそばの大学で医学部を受験することができます。

医学部を受験すると決めたら、険しい道を歩むことを決意しないといけません。難易度についてみると、医学部はほかのどの学部よりも高くなっています。まさに狭き門です。しかし推薦制度を利用すれば、この難易度の高さを緩和することはできます。近年、大学では推薦制度の枠を充実させています。これについては後述します。

医学部が設置されるのは全国82大学

医学部を擁する大学は、全国で82校あります(2019年現在)。内訳は、国公立大学50校、準大学1校、私立大31校です。


国公立大学
旧帝大
北海道、東北、東京、名古屋、京都、大阪、九州

旧制医科大
千葉、新潟、金沢、京都府立医科、岡山、長崎、熊本

旧医専
札幌医科、弘前、福島県立医科、群馬、東京医科歯科、横浜市立、信州、名古屋市立、岐阜、三重、大阪市立、神戸、奈良県立医科、和歌山県立医科、鳥取、広島、山口、徳島、鹿児島

新設医大
旭川医科、秋田、山形、筑波、福井、富山、山梨、浜松医科、滋賀医科、島根、香川、愛媛、高知、佐賀、大分、宮崎、琉球、防衛医科


私立大学
私立御三家
慶應義塾、東京慈恵会医科、日本医科

旧医専
岩手医科、順天堂、昭和、東京医科、東京女子医科、東邦、日本、大阪医科、関西医科、久留米

新設医大
自治医科、獨協医科、埼玉医科、北里、杏林、帝京、東海、聖マリアンナ医科、金沢医科、愛知医科、藤田医科、近畿、兵庫医科、川崎医科、福岡、産業医科、東北医科薬科、国際医療福祉


医学部の難易度

医学部を持つ大学は全国に多くありますが、その難易度はいずれも高いです。一般的に、理系の学部は文系の大学よりも難易度が高いと言われますが、医学部はその理系の中でも最も高い難易度となっています。難易度が高いうえに、倍率も高いので、非常に入りにくくなっています。

医学部入試倍率の推移

医学部の入試倍率は国公立大学で5倍となり、国公立全体が3倍であることを考えると、かなり高いことがわかります。私立大学においては18倍であり、私立全体で4倍であることを考えると、違いは歴然としています。医学部入試は狭き門です。

国公立大学の入試倍率

年度 医学部(倍) 国公立全体(倍)
2017年 4.8 2.8
2018年 4.5 2.8
2019年 4.4 2.8

(一般入試前期日程)

私立大学の入試倍率

年度 医学部(倍) 国公立全体(倍)
2017年 18.3 3.6
2018年 18.6 4.0
2019年 15.0 4.1

(一般入試)

国公立・私立大学の医学部受験科目

国公立大学と私立大学の受験科目には違いがあります。まず、科目数が異なります。国公立大学は5教科7科目であるのに対して、私立大学は3科目。医学部ならではの特徴は「面接」があることで、国公立大学と私立大学の両方で実施されます。小論文については、国公立大学は後期日程のみですが、私立大学はほとんどの大学で実施されています。

国公立大学よりも私立大学のほうが受験科目は少ないので負担が軽く見えますが、私立大学の入試問題は独自性があり、ひねった問題もよく出されているので、どちらの難易度が高いのかは一概には言えません。また私立の場合、小論文があるので、苦手な方は苦戦するでしょう。

国公立大学医学部の場合

国公立大学では、センター試験は5教科7科目を受験するのが一般的です。二次試験では、前期日程は英語、数学、理科2科目の学科試験+面接とする大学が多いです。理科は物理・科学・生物の3科目から2科目を自由に選択するところが多いですが、一部例外もあります。たとえば、北海道大学は物理が必須ですので、物理+科学または生物の組み合わせで選ばなければいけません。

後期日程では、小論文または総合問題に加えて面接があります。小論文は、英文読解や論述などが課されます。幅広い内容のテーマが出題されますので、過去問で志望校の出題傾向について調べておきましょう。

センター試験
5教科7科目(外・数2・国・理2・地または公民)

二次試験
前期日程
学科試験(英・数・理2)+面接

後期日程
小論文または総合問題+面接

私立大学医学部の場合

私立大学は英語・数学・理科2科目+小論文と面接というスタイルが一般的です。私立大学の医学部を目指すならば、小論文対策は欠かせません。

私立大学の中には、センター試験を利用した入試を導入するところもあります。産業医科大のように、センター試験が必須の大学もあります。その場合は、上述のセンター試験の5教科7科目を受けることになります。

センター利用入試は、数は少ないですが一定数の大学で行われているので、国公立を併願する方は、少しでもチャンスを増やすために、申し込んでおくと良いでしょう。

一般入試
学科試験(英・数・理2)+小論文と面接

医学部の入試方式

医学部は入試方式に、ほかの大学にない特徴があるので、ぜひおさえておきたいです。その違いというのは、地域枠推薦の存在です。ほかの学部であれば、推薦入試といえば、思いつくのは指定校推薦あるいは公募推薦です。これは、優秀な学業成績を収めた学生のための推薦枠として優先的に大学に入れるというものです。学業に秀でているという理由で優遇されます。

これに対して、医学部に特徴的な推薦というのは、卒業後の勤務地に制限を設けているものです。地方の医師不足を解消するため、卒業後はその大学がある地域で勤務することを前提として、学生を受け入れるという制度です。

国公立医学部の場合

国公立大学の入試はほとんどが前期日程です。ですから、前期日程で受けることが基本に考えておきましょう。後期日程もありますが、近年は縮小傾向にあります。そして、推薦入試は増加傾向にあります。前述の、卒業後の勤務地を限定し、地方に勤務する医師を増やすことを目的とした推薦入試を含みます。また、AO入試も増加傾向にあります。(いずれも2020年度入試のデータ)。

国公立大学の入試は超難関ですが、推薦入試を利用すれば、医学部に合格しやすくなります。近年の医学部の高難易度化、高倍率化を考えると、並の努力で合格するのは非常に厳しい状況になっているので、地方勤務に抵抗がない方であれば、魅力的な選択肢となるでしょう。

私立医学部の場合

ひるがえって私立大学の入試方式ですが、こちらは一般入試が全体の7割程度を占めています。センター試験の約1割を含めると、全体の8割を一般試験が占めることになります。(いずれも2020年度入試のデータ)。

私立大学入試も推薦入試が増えていますが、国公立大学ほどではありません。私立を考えるのなら、一般入試での受験を念頭に置いて取り組みましょう。

一般入試の実施は1回のみという大学がほとんどです。ほかの入試日とかちあわないように、調整が必要となります。

医学部合格にはどのくらいの学力が必要?

ここまで見てきて、医学部の難易度は大変高いことが分かっていただけたと思います。それでは具体的に、合格にはどれくらいの学力が必要なのか? ということについて、考えていきたいと思います。

医学部合格に必要な学力については、国公立大学と私立とで異なります。求められる学力の水準も異なりますし、求められる内容も異なります。 

国公立医学部の場合

国公立の場合、旧センター試験では85%以上の得点は必要でした。首都圏の大学や旧帝大の医学部となると、90%以上の得点が必要となっておりました。80%を下回ってしまうと合格は難しくなります。

偏差値で言うと、65.0以上が必要です。首都圏の大学や旧帝大なら偏差値70.0以上は欲しいです。

国公立大学の場合、旧センター試験と二次試験の両方で高い得点を取らなければならないところに難しさがありました。しかも二次試験は記述形式ですから、本当の意味での学力が問われていました。ただし、本当に内容を理解していれば、イージーミスによる減点は起こりにくく、安定した得点が期待できるため、センター試験よりも心の負担は少なかったと言えます。

私立医学部の場合

国公立大学に比べると、私立の一般入試は試験が1回だけなので、心の負担は軽くなります。難易度も国公立大学に比べれば低くなります。しかし私立大学の入試問題は各大学で特徴が異なるため、それぞれの大学に合わせた対策をしっかり行っておかなければなりません。国公立大学より難易度が下がるとはいえ、他の学部に比べると求められる学力が飛びぬけて高いのは確かなので、私立大学の受験も心してかかる必要があります。

例年、私立大入試が始まる少し前にセンター試験がありました。先に受けるセンター試験の対策に時間をかけすぎていると、私立大学の対策がおろそかになってしまい、模試で合格圏内であったにもかかわらず、取りこぼしてしまうことがありました。

難関の医学部入試をどう乗り切る?

医学部の受験は難易度が高いので、受験勉強で難しい問題ばかりを解こうとする受験生がいます。しかし、偏差値を上げるためには、難問に取り組むことよりむしろ、基礎学力を積み上げ、基礎的な問題、標準的な問題を確実に正解できるよう力をつけていくほうが効果的です。模擬試験の結果をよく見て、得点率が低かった科目を重点的に学習し、苦手分野を克服しておきましょう。

かつては、偏差値50ほどで入れる私立大学医学部も存在していました。しかし現在の医学部はどこも偏差値が高く、よほど努力して自分を高めていかなければ合格はおぼつきません。そのためには、基礎学力を盤石にしておくことが大切なのです。

まとめ

医学部受験は、国公立大学を受けるのなら非常に高いボーダーラインを越えなければ合格できませんし、私立大学を受けるのなら、独自性のある凝った問題を正解できるだけの答案作成能力が求められます。

高すぎる難易度を少しでも和らげるために、国公立大学の併願でセンター試験利用入試を受けるとか、地方勤務を前提とした推薦を受けてみるなどの対策も視野に入れておくと良いかもしれません。少しでもオプションは多いほうが、合格をつかみやすくなります。そのためには情報収集が大切です。志望する大学についてきちんと調べて、受験を成功させたいですね。